enebularとfirebaseとKNX

この記事は書きかけです。

KNXのIP RouterとNode-REDを使い、KNXのスイッチアクチュエーターのOn/Offをスイッチアクチュエーターのステータスを吐き出すグループアドレスを作成。

Node-REDにKNX-easyの入力ノードをつくって、このステータスのグループアドレスを設定。

Onで、1、Offで0が飛んでくるので、それをFirebaseに送りFirebaseのリアルタイムデータベースに格納。

格納されたデータを、Enebularにあるビジュアライゼーションツールの、infomotionダッシュボードで可視化することをおこなった。

Firebaseの設定

■Firebaseのチュートリアル
https://docs.enebular.com/ja/InfoMotion/DatasourceFirebase.html

Firebaseのプロジェクトを作成しました。
プロジェクト名は “IoT-Project”

NewImage

Firebaseというのは、データベースをもっているし、データをおくるための仕組みをもっている。

Firebaseでリアルタイムデータベースを作成すると、enebularに接続するときに必要なパラメータが発行される。

下図の矢印をおすと表示される。
NewImage

Firebaseのチュートリアルでチェック
https://docs.enebular.com/ja/InfoMotion/DatasourceFirebase.html

右下のプラスマークをおしてDataSourceの情報を入力する

NewImage

ここはFireBaseの情報をいれる。FireBaseの情報。

NewImage

Firebaseの情報はこちらから

NewImage

InfoTypeのグラフの形状を選択するには、上部メニューにある「Discover」をクリックするとenebularにあるいろんなグラフが出ている。

NewImage

今回は、Tseigoのデータを選択。データの形式や表示されるグラフのサンプルが表示される。
「Fork」を押すと、自分のenebularプロジェクトに取り込むことができる。

NewImage NewImage
ABOUT ME
中畑 隆拓
DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。