映像

BrightSign HD223のファームウェアをアップデートしてみた

メディアサーバーとしてBrightSignを使い、DALIやDMXといった照明制御と組み合わせる方法を検証しています。

↓ 前回の記事
メディアサーバーBrightSignと照明制御のDALI-DMXを連動させる検証1|デジタルライト(Digital-light.jp)

ワンフットシーバスの田中さんにBrightSignのHD223をお借りしたので、これで使い方を学びます。

いただいた取説を見ると「必ず最新のファームウェアにアップデートしてください」と書かれているので、ファームウェアをアップデートします。

ファームウェアのダウンロード

HD223はHD3シリーズになります。なので、HD3 / LS3 / HO3 Series Downloadsからファームウェアをダウンロードします。

10 23

BrightSign :: HD3 / LS3 / HO3 Series

ページを見るとFirmWareの表示はなく”Operating System”と表記されていますが、これがFirmwareです。ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

10 23

拡張子がbsfwのbrightsign-hd3-8.2.35.4-update.bsfwというファイルが用意できました。

ファームウェアをマイクロSDカードに書き込む

先程ダウンロードしたbsfwファイルをマイクロSDカードに書き込みます。

10 23

8GBのマイクロSDカードを用意しましたが、念の為、SD Card Formatterでフォーマットします。

SDメモリカードフォーマッター – SD Association

先程の”brightsign-hd3-8.2.35.4-update.bsfw”をマイクロSDカードにコピー。そのカードをBrightSignに差し込みます。

ファームウェアアップデート

BrightSign HD223にアダプターとHDMIケーブルをつなげて電源を入れます。

10 23

しばらく(けっこう待つ)とこのような”Device Setup”の画面が表示されます。

HD223にはキーボードを接続するUSBポートがないので、LANケーブルを接続してブラウザからアクセスする方法しかなさそうです。

HD223にLANケーブルを接続し、LanScanというソフトを使ってHD223のIPアドレスを確認。(これ、他にもIPアドレスを確認する方法はありそう)

「LanScan」をMac App Storeで

ブラウザにIPアドレスをURLにいれると、BASIC認証でIDとPWを求められました。

ID : admin
PW : 製品のシリアル番号

で、先程と同じDevice Setupの画面がブラウザに表示されます。

10 23

Nextのボタンをクリック。

10 23

Ethernetのボタンをクリック。

10 23

ネットワークのセッティングはこれで良いので”USE CURRENT SETTINGS”のボタンをクリック。

10 23

大丈夫そうなので、”NEXT – BRIGHTAUTHOR APPLICATION”をクリック。

10 23

BrightAuthorのアプリケーションを選択します。BrightAuthor:connectedだとMacも使えるのでこちらにします。

10 23

ここでやり方がわからなかったので、LOCALE FILE NETWORKINGをクリック。

10 23

何もいれずFINISHを押したところ、これで大丈夫そうです。

10 23

しばらくして、BrightSignを接続したモニターはこのように表示されました。

次回はBrightAuthor:Connectedでつなげてみます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。