KNXをはじめよう

KNX ETS5 Tutorial No1プロジェクトの作成と構造・デバイスの追加

KNXの設定を行うETS5の操作方法のメモです。

プロジェクトの作成

001 01

ETS5を立ち上げ、緑色のプラスマークをクリックすると、「Create New Project」が立ち上がります。

表示されているとおりに入力したら「Create Project」のボタンを押します。

002

これが新しいプロジェクトを立ち上げた最初の画面です。

Add Building(構造を追加する)

ETSの中で、物理的な建物やフロア、部屋の構造を作成します。

0201A

先程作成した「NewProject」をマウスでクリックして選択した状態にします。

0202A

左上にある「Add Building Parts(構造の一部を追加する)」のボタンを押すと画面にウィンドウがあらわれます。そこに、「TrainingCenter」と入力してOKを押します。

0203

「NewProject」の左にある矢印をクリックすると今追加した「TrainingCenter」が表示されます。

0204

左上の「AdedFloor(フロアを追加する)」をクリックします。

0205

Nameに「2F」と入力してOKをおします。

すると、2Fのフロアができます。

イメージ的には

NewProject
– TrainingCenter
— 2F

です。

0206

「TrainingCenter」をクリックすると「2F」が表示されるのでこれを選択し、左上にある「Add Rooms(部屋を追加する)」を押します。

0206A

「TrainingRoom」が追加されました。

0207

再度、「2F」を選択した状態で「Add Rooms(部屋を追加する)」をして、「Corridor(廊下)」を追加します。

0208

今度は「Corridor(廊下)」を選択した状態で、左上の「Add Devices(デバイスを追加する)」の横にある矢印をクリックすると、Cabinets、Devices、Functionsがえらべるので、「Cabinets」を選びます。

0209

ここに「ControlBox(制御盤)」をいれます。

0210

以上で、建物の構造ができましたので、次はこれにデバイスを追加します。

デバイスの追加

デバイスは実際の現場で収めるのと同じイメージで追加します。

部屋 製品
ControlBox STV-0320.01 KNX Power Supply
KNX USB Interface
DALI gateway TW
Universal dimming actuator
TrainingCenter KN9551-KXX Push-button
0301

デバイスを追加するには、まずは「TrainingRoom」を選択した状態で、左上にある「Add Devices(デバイスを追加する)」ボタンをおします。

TrainingRoomには「KN9551-KXX Push-button」というスイッチを設置するので、カタログからこの製品を検索します。

0302

Catalogウインドウの右の方に検索窓があるので、スイッチの型番の一部「9551」を入力すると該当する製品が表示されます。

0303

表示された製品をクリックすると、右下に「Add」のボタンが出るのでこれをクリックすると、TrainingRoomにKNXのボタンが追加されます。

0304

同様にCorridorにあるControlBoxの中にもKNX機器を追加します。

0305

以上ですべてのデバイスの追加ができました。

デバイスのDescriptionに書き込む

このままだと追加したデバイスがわかりずらいので、デバイスを選択してDescriptionにわかりやすい説明を記載することをおすすめします。

0306

「Building」ウインドウに表示されているデバイスをクリックすると、右側にPropertiesが表示されますので、ここのDescriptionにデバイスの内容を記載します。

0307

PropertiesのDescriptionに書いた内容が反映されました。ここに表示されるとわかりやすいです。

0308

他の機器にも記入しました。Buildingで2Fをクリックするとそこに設置されているデバイスが全て表示されます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。