KNXをはじめよう

KNX ETS5 Tutorial No2 グループアドレスの設定

KNXでは制御する機器の機能を設定したオブジェクトと呼ばれるものを、グループアドレスというところにまとめ、どんな動きをするかの設定を行います。

今回はそのグループアドレスの作り方と設定方法をご紹介します。

Group Addresses(グループアドレス)の作成

まずは、GroupAddressをつくるウィンドウを表示しましょう。

002

画面上部のメニューから

Workplace > Open New Panel > Group Addresses

をえらびます。

003

これがGroup Addressesのウィンドウです。

Group Addressesは
1. Add Main Group Address
2. Add

004

Add Main Group Address(メイングループアドレスを追加)します

005

MainGroupAddressはそのまま「MainGroup」で設定しました。

006

次にMiddleGroupAddressを追加します。こちらも「MiddleGroup」で追加しました。

1点、注意として、MiddleGroupAddressを追加するときは、先程作成したMainGroupAddressをクリックした状態で「Add Middle Group」のボタンを押してください。

007A

最後にGroupAddressを追加します。

この時も、先程作成した「MiddleGroup」を選択した状態で、左上部にある「Add Group Address」を押してください。名前は「PushButton On/Off」としました。

008

もうひとつGroupAddressを追加します。

名前は「PushButton Status」にしました。

グループアドレスとデバイスをつなげる

GroupAddressとデバイスの設定を行います。

001

Buildingのウィンドウを表示するため、上部メニューから

Workplace > Open New Panel > Building

をクリックします。

002

前回作成した、Buildingの中のデバイスを表示させます。

デバイスまで表示されていないときは、左の矢印をクリックして、2FやTrainingRoomのメニューを展開させてください。

004

TrainingRoomにある「Push Switch」を選択します。

表示される「Button1, function disable」「Button2, function disable」というのは「Group Object」と呼ばれます。

SunricherSwitch

ちなみにこれがKNXのSwitchです。

合計8個のスイッチがあります。このスイッチのParameterを確認します。

005

画面下にある「Group Objects」の隣にある「Parameter」のタブをクリックします。

これで、Switchのパラメータが表示されました。

「Button number of device」が2と表示されていますが、このデバイスには8個のボタンがあるので、これを8に変更します。

006

ボタンの数を8にしました。

その下にある「2 independent push button」と「linked push button」は、左右のボタンが連動するかどうかを設定できます。

試しにボタン1と2はリンクするようにしましょう。

007

「n 1-2 use」のところを「linked push button」にしたところ、左側に「Button pair1」という表示になりました。

011

「Button pair1」を選び、「Choice of function」を「Switching」

「Working mode of upper/lower push buttons」を「On/Off」

にします。

ペアのボタンがOnとOffを設定することになりました。

012

下の「Group Objects」のタブをクリックしましょう。

Number 1に「Button par1,switching」というオブジェクトが作成されました。

これで、スイッチの方の準備は完了です。

次はこのスイッチと連動させるアクチュエーターのGroupObject(グループオブジェクト)の設定を行います。

ABOUT ME
中畑 隆拓
DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。