society5.0

(1)内閣府の科学技術政策「Society5.0」について考える

前回、各国における国家技術戦略についてまとめてみました。

世界6カ国の国家技術方針ページまとめ|IoT-AI.net

今後はそれぞれの国の技術戦略についてチェックしていきます。

まずは、日本の「Society 5.0」からチェックしてみましょう。

Society 5.0 – 科学技術政策 – 内閣府

「Society 5.0」って何?

まずは「Society 5.0」というのは一言でいうと何になるのでしょうか?

Society5 0 1

公開されている資料を見ると

Society 5.0とは

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

と述べられています。

これだといまいちわかりずらいですよね?

私の方で簡単に言い直してみたのが下です。

Society 5.0とは

新しい技術を使って、問題を解決し、より暮らしやすい世の中になること

このSociety 5.0に至るまで私達人類には大きな変革がありました。そのキーワードになっているのが、1.0の狩猟、2.0の農耕、3.0の工業、4.0の情報になります。

Society キーワード
1.0 狩猟
2.0 農耕
3.0 工業
4.0 情報
5.0

ただし、この5.0を一言で言い表すキーワードがまだ空欄になっています。

ここにはどんなキワードが入るのでしょう?

Society5.0のキーワードは何?

その前に公開された資料に書いてある言葉を再度みてみましょう。

Society 5.0とは

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

サイバー空間(仮想空間)というのはデジタルの世界ということ、フィジカル空間(現実空間)は私達の眼の前に広がる空間のことです。

今までは、「サイバー空間」と「フィジカル空間」は別の空間でした。でも、新しい技術によって「サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合されたシステム」ができるようになってきました。

「Society 5.0」のキーワードは、この「サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合された」という意味になると思うのですが、このことについて一言で表す「言葉」がまだ私達にはありません。

過去にあったSocietyの変化もそれが始まったときには明確なキーワードがなかったとおもいますが、しばらくしたらSociety5.0のキーワードも誰もが認識できるようになると想います。

なので、Society5.0のキーワードはしばらく空欄にしておきましょう。

まとめ

以上、内閣府の科学技術政策「Society5.0」について考えるの1回目でした。

Society5.0とはなにか?を表すためには、「サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合された」というのは具体的にどういうことなのか?を理解する必要があります。

次回はこのことについて、例をあげながら説明してみます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
このサイトの運営者です。 デジタルと空間をつなげる仕事をしています。