DALI

DALIコンバーターとDALI電源はなにが違うのかを解説

DALIコンバーターとは、DALIに対応していないLEDと電源の間に差し込み、DALIで制御できるようにするための製品です。

言葉で説明するよりも、現物を見るのが一番。DALIコンバーターが必要なケースと不必要なケースをご紹介します。

DALIコンバーターが不必要なケース

MurataDSC 0102

まずはDALIコンバーターが不必要なケースです。上の写真は村田製作所のDALI対応LED電源です。

MurataDSC 0122

電源とLEDを接続したのが上の写真。

dali

DALI対応電源は直接DALIの信号を受け取れるので、DALI信号線とLEDへの接続はDALI対応LED電源につながっています。

DALIコンバーターが必要なケース

次はDALIコンバーターが必要なケースの説明です。

IMG 0511

これはLEDを点灯させるための電源です。

IMG 0512

そして、先程の電源をLEDテープライトにつなげると点灯することができます。

プレゼンテーション1 2019 06 05 15 52 26

こちらが接続したイメージです。

ご覧のとおり、どこにもDALIの信号線をつなぐところがないので、DALIでコントロールはできません。

電源をいれれば100%点灯、切れば消灯になります。

本当は先程の村田製作所のDALI電源のように、この電源をDALI対応にすればよいのですが、2019年6月時点でLEDテープライト(定電圧タイプ)に使用できるDALI対応電源はでておりません。

じゃあ、LEDテープライトをDALIで制御したい場合はどうするかというと、ここで「DALIコンバーター」というものを使います。

IMG 0510

これがDALIコンバーターです。(DINレールにとりつけるタイプ)

DALIDSC 0807

DINレールに取り付けないタイプがあります。

IMG 0513

なので、DALI電源とLEDテープライトの間に、このDALIコンバーターを接続します。

dali

これが接続したイメージです。DALI電源からLED点灯線をうけとりLEDテープライトにおくりつつ、DALI信号線をつなぐことで、DALIによる制御を可能にしています。

まとめ

DALIでLEDを制御したいときに、DALIコンバーターが不必要なケースと必要になるケースを説明しました。

並べてみると、

dali

こんな感じです。

弊社、スマートライトではDALIコンバーターも取り扱っておりますので、なにかご質問やご要望がありましたら、ぜひ、お気軽に連絡ください。

ABOUT ME
中畑 隆拓
DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。