KNX

KNX Analog Input Output 0-10V Module i-Luxus LXA-148-010について調べてみた

i-luxus-lxa-148-010

KNX Analog Input Output 0-10V Module i-Luxus LXA-148-010について調べてみました。

i-Luxus LXA-148-010とは

LXA-148-010

ドイツ i-Luxus社のLXA-148-010は、KNXに対応したAnalog Input Output 0-10V Moduleです。

まずはメーカーの英文を翻訳してみましょう。
KNX analog input output 0-10V module

i-luxusのアナログ入力出力0-10Vモジュールは、4つのアナログ入力と4つのデジタル入力の8つのアナログ0-10V出力を制御しています。これにより、プッシュボタンやスイッチ、自動制御装置などとつなげることができます。

主な用途は、スマートホームやビルオートメーションの世界標準であるKNXバスと0-10V信号で制御されるデバイス間のインターフェースです。

i-luxus アナログ入力出力モジュールは、主にホテル、オフィスのための冷却、暖房においてHVAC操作の部屋の制御装置の条件に従って、アナログの0-10Vで制御するKNXの調光器として機能します。

他のユーザーアプリケーションは、制御ファン、オーディオボリューム、換気フラップなどを制御できます。各出力は、2mAまでのソースを生成することができ、電流制限および過電圧保護で内蔵されています。

出力は4kV絶縁でKNX-Busから絶縁されています。補助電源は不要で、KNXバスが必要なエネルギーを供給しています。

i-luxus KNXアナログ入力出力0-10Vモジュールは、0-10V入力のデバイスを制御し、0-20mA/0-10V測定データをキャッチするのに適しています。

すべてのアナログ入力チャンネルはKNXバスから電気的に絶縁されており、独立して構成することができます。入力電圧範囲は0~10Vで、オプションで入力を0~20mAまたは4~20mAの電流ループとして動作させることができます。

各KNXアナログ入力出力0~10Vモジュールの入力は、ETSを使用して個別にパラメータ化することができます。

i-Luxus LXA-148-010の仕様

  • 8 Analog output channels DC 0…10V
  • 4 Analog input channels
  • 4 Digital input channels
  • 調光操作
  • HVAC操作
  • ETSによる設定
  • センサー接続:PT1000 (明るさ、温度、降雨、湿度、風速など)
  • Feedback operations (only in bus operation)
  • ドイツ製
  • Parameters(ETS)

    10 21 17 07

    Parametersを開いたところ。Digital Inputsが4つ、Analog Inputsが4つ、Analog Outputsが8つ表示されています。いずれも共通設定などはなく、Input-1やOutput-2などをひとつづつ設定するようになっています。

    Digital Inputs

    10 21 20 15  1

    Input function selectionでは、

  • Switch Sensor
  • Switching
  • Dimming Operation
  • Blind/Shutter Operation
  • Scene
  • Push button with Multiple operations
  • Counter Function

などが選べます。

ちなみに、”Switching Sensor”では、長押しと短押しを区別したり、コンタクトが閉じてるとき、開いてるときのデータの設定などもできます。

Analog Inputs

10 21 28 04  1

Analog Inputには、0-10V SensorとPT-1000-Sensorの2つからえらべます。

ちなみに、PT-1000とは

Pt1000センサーは、白金抵抗温度計の中で2番目に多いタイプです。多くの場合、抵抗温度計は、実際にはPt1000タイプではないかもしれませんが、一般的にPt1000センサーと呼ばれています。Ptは、センサーがプラチナ(Pt)から作られていることを指します。1000とは、0℃での抵抗値が1000Ω(Ω)であることを意味します。Pt1000はリード抵抗が小さくなるため、2線式のアプリケーションではPt100よりもPt1000の方が使用されています。

What is a Pt1000 sensor? – Peak Sensorsより

0-10V Sensorを選ぶと、”Transmission format of measured valueとしていくつか選択できます。おおそらくこれで、0-20mAとか4-20mAとか選べそうなのですが、詳細はメーカーに問い合わせてみます。

10 21 33 10

PT-1000 Sensorでは、Calibrationを-10℃から10℃までの範囲で指定します。

Analog Outputs

10 21 36 25

Analog Outputsでは、”Channel function works with”にてBasicかCalculation with logic functionかを選びます。

Basicでは、出力する値を0-10Vか1-10Vかをえらび、Outputのフォーマットを16bit、8bit、Unsignedかsignedかの4つから選びます。

10 21 39 20

また、Calculation with logic functionを選ぶと、Analog Inputのいくつかの値を元にロジックを組み立てて出力させたり、さらにDigital Inputの値も組み合わせてロジックが組めるようです。

Group Objects(ETS)

10 21 42 57

Group Objectsはこのような感じ。なんとなくこういう使い方なのかな?というのはありますが、実機や取説をみて確認しないとなんともいえないですね。

まとめ

以上、ドイツi-Luxus社のKNX Analog Input Output 0-10V Module “LXA-148-010″について調べたものをまとめてみました。

Digital InputとAnalog Inputがそれぞれ4つとAnalog Outputsが8個あるので、接点やセンサー情報、トランスデューサーを使った機器のデータなどを受け取ることができ、Analog Outputsを使えば、取得した情報をそのまま外部に送ったり、KNX内でロジックを組み計算したデータを出力することができます。

KNXは一般的にオフィスや商業施設、スマートホームなどで多く使われていますが、センサーやトランスデューサーからのデータを受けることができれば、それ以外の用途でも使えるアプリケーションがありそうです。

引き続き調査していきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。