grandma

GrandMAをUDPから操作する情報のメモ

GrandMAをUDPから操作する方法のメモです。

GrandMA ネットワーク初期設定

Factory Defaults – MA Network Switch – Help pages of MA Lighting International GmbH

OSCソフトウェアについて。このソフトをつかってMAをUDPで操作している?

OSC (Open Sound Control) – grandMA3 User Manual – Help pages of MA Lighting International GmbH

GrandMAがUDPで操作できるようになるためには?

– ネットワーク設定

デフォルトのポートは6004
使用できるポートは6000から6100まで。

- Modeをイーサネットにする

MSC(Midi Show Control)

MIDI Show Control (MSC) – grandMA2 User Manual – Help pages of MA Lighting International GmbH

理解のために↑を和訳しました。

MIDI Show Control (MSC)

MIDIショーコントロール(MSC)は、システムをリモートコントロールするための別の方法です。

これは MIDI プロトコルの拡張として1991年にリリースされました。grandMA2 システムはMSCを受信し、送信することができます。

MSCには多くの設定があります。そのほとんどは、送信機器と受信機器にマッチするように設定されています。以下をお読みください。

設定の下には、MSCの概念についての説明と、イーサネットを使ったMIDI転送についての言葉があります。

Setting up MSC

これらの設定にアクセスするには、Setupキーを押し、Consoleタブの下にあるMidi Show Controlボタンを押します。

設定は次のようになります。

異なる設定を持つ4つの行と、2つのモニターフィールドがあります。

モニターフィールドは、受信と送信のMSCを表示します。これらは解釈されたデータとして表示されます。つまり、生の16進データを表示するわけではありません。

一番上の行には、2つの入力フィールドと1つのトグルボタンがあります。

チャンネル MIDI In:
MIDIには16の異なるチャンネルがあります。In欄の数字は送信機からのチャンネル番号と一致させる必要があります。

Channel MIDI Out(チャンネルMIDIアウト)。
このフィールドのチャンネル番号は、MSCレシーバーのチャンネル番号と一致する必要があります。

MIDI Thru。
このトグルボタンは、入力されたMIDIがMIDIアウトプットからも送信されるかどうかをオン・オフで切り替えます。

注意:MSCコマンドを同じMIDIチャンネルで送受信すると、ループが発生します。

次の2行は、1行目があらゆる着信MSCの設定であり、2行目が発信MSCであることを除いて同じです。

■デバイス
MSCには112種類のデバイスがあります。MSCでは、「すべて」というオプションも指定されています。これは、左下のSend toボタンで設定します – 下記をお読みください。この入力は、0から111までの値を受け付けます。

■グループ
MSCの規格には、デバイスを15種類のグループにまとめるオプションがあります。ここでは、1~15のグループ番号を設定することが可能です。送信先の設定については、以下をお読みください。

■Port:ポート
MSCをイーサネット接続で送信する場合、IPポート番号が必要です。ここで設定することができます。デフォルトは6004です。ポート番号は6000から6100の間である必要があります。

■モード
ここをタップすると、MSCモードの選択ポップアップが表示されます。

ここでは、3つのオプションがあります。
Disabled – これはMSCの入力または出力をオフにするのと同じです。
イーサネット – イーサネット経由でMSCを使用します – イーサネット経由のMSCについては下記をご参照ください。
MIDI – ステーションのMIDIポートを使ってMSCを送受信します。

Exec

ここをタップすると、Select MSC Exec のポップアップが表示されます。

ここでは、3つのオプションがあります。
Default Only – このオプションは、MSCコマンドがマスターステーション上の選択されたエクゼキュータとの間でのみ行き来するようにします。

Exec.Page – このオプションは、コマンドが特定のエクゼキュータに送信されるべき場合に使用されます。ページとエクゼキュータ番号はドット(Hex = 2E)で区切られる必要があります。

Exec Page – このオプションは、コマンドが特定のエクゼキュータに送信されるべき場合に使用されることがあります。ページとエクゼキュータ番号はスペース(Hex = 20)で区切る必要があります。

コマンド

ここをタップすると、MSCコマンドの選択ポップアップが表示されます。

ここでは、3つのオプションがあります。
ムービングライト – このオプションは、ムービングライトコマンドフォーマット(16進数02)を選択します。
一般照明 – このオプションは、一般照明のコマンドフォーマット(16進数01)を選択します。
All – このオプションは、全タイプのフォーマット(16進数7F)を使用します。

4行目のボタンは、「送信先」という名前です。これをタップすると、このような「送信先の選択」ポップアップが開きます。

3つのオプションがあります。

グループ。
これを選択すると、指定したグループ番号(1~15)に対してMSCを送信するようになります。
デバイス
指定されたデバイス番号(0~111)に対してMSCを送信します。
All
接続されている全てのデバイスにMSCを送信します。

The MSC Concept

MSCのコマンド構造とシンタックスは、MMA(MIDI Manufacturers Association)で定義された一般的なSysEx構造をベースにしています。一般的なMIDIの拡張機能として1991年に発表されました。

生のMIDI情報は16進数オクテット(2つの16進数)で記述されます。異なるソフトウェアメーカーは、MSCを解釈して、より人間が読みやすい形でデータを表示するかもしれません。これはもちろん良いことですが、私たちはこの表示方法をすべて説明することはできないので、このマニュアルでは生のデータを見ています。

メッセージの形式は次のようになります。

F0 7F	Device ID	02	Command Format	Command	Data F7

F0 7F は “ユニバーサルシステム排他 “と “リアルタイム “のメッセージを識別するヘッダである。
デバイスIDは、デバイスまたはグループ番号である。
02 は、メッセージが MSC であることを指定する 16 進オクテットである。
Command Format は、機器の種類を指定するオクテットである。
Command はコマンドタイプを定義するオクテットです
Data は、実際のデータです。コマンドの種類によって変わる場合があります。
F7 は、メッセージを終了する終了オクテットです。

Device ID

デバイスIDは1オクテットで、実際には3つのセクションに分かれています。

00 to 6F。
112種類の特定デバイスを識別することができます。

70 to 7E
15個のグループ番号です。

7F:
これは全てのデバイスが聞くブロードキャスト ID です。

grandMA2では、デバイスIDとグループIDは、受信メッセージと送信メッセージの両方に設定することができます。

送信用MSCでは、Device IDの場所に1オクテットだけ送信できます。Send to 設定(上述)は、送信すべき 3 つの異なるセクション ID のうちのどれかを選択します。

Command Format

コマンドフォーマットオクテットは、メッセージを受信する(あるいは少なくとも応答する)べき機器の種類を示します。

01:
これは一般的な照明のフォーマットです
02:
Moving Lights フォーマットです。
7F:
すべての機器が応答すべき All フォーマットです。

Command

コマンドオクテットは、メッセージのコマンドのタイプを示す。コマンド・タイプはデータ情報を指示します。

grandMA2 は 7 種類のコマンド・タイプをサポートしています。

01 (Go)
これは grandMA2 の Goto コマンドと同じです。その後にキュー・ナンバーが必要です。

02(Stop)。
grandMA2 の Pause コマンドと同じです。これの後にキュー番号を付けることができます。

03(Resume)。
これはキューを “un-plause “します。特定のキューが一時停止されている場合、このコマンドでキュー番号を指定する必要があります。

04(Timed_Go):
フェードタイムを指定したゴトを行う場合に使用します。時間、キュー番号の順で指定します。

06(Set)。
フェーダーの位置を設定するのに使用します。フェーダー番号とページ、そして位置が必要です。

07(Fire):フェーダーの位置を設定します。
マクロのトリガーに使用します。コマンドの後にマクロ番号が必要です。マクロ 1~255 のみトリガー可能です。

0B (Go_Off)。
エグゼキュータをオフにするコマンドです。このコマンドの後にキュー番号を指定する必要があります。

Data

01 (Go)です。

上記の通りです。GOTO コマンドとして解釈されます。キュー番号の指定が必要です。キュー番号は16進オクテットで送信し、小数点を含む完全なキュー番号を送信する必要があります。例えば、キュー番号4がトリガーされる場合、完全な番号は4.000-すべての10進数をドットで区切った番号(Hex値2E)です。16進数の数値は変換が簡単です。これは、前に “3 “を必要とします。つまり、10進数の4は16進数では34になります。ドットを含む完全なキューナンバーは次のようになります。34 2E 30 30 30.

10進数から16進数への完全な変換については、この表を参照してください。

Send MSC In ExecオプションでStationがDefault Onlyに設定されている場合、コマンドの後に追加する必要があるのはこれだけです。

例 デフォルト・エクゼキュータでキュー番号21.5をトリガーする(All Devices, All Format, Default Onlyの設定)。

UntitledImage

Default Onlyでない場合は、実行者とページの指定が必要です。実行者番号とページ番号の区切りには、2つのオプションがあります。ドット(hex = 2E)またはスペース(hex = 20)で区切ることができます。キュー番号とエクゼキュータ/ページのデータは、16進数値00で区切る必要があります。

例 ページ1のエクゼキュータ5でキュー番号37.2をトリガする(All Devices, All Format, Exec.Page の設定)。

UntitledImage
同じ例ですが、執行者とページがスペースで区切られています。

UntitledImage

MIDI via Ethernet

MSCはEthernetを使用して送信することができます。UDPメッセージとして送信されます。

MSCメッセージは上記と同じですが、MSCメッセージはgrandMA2が受け入れるための日付のヘッダを必要とします。

ヘッダーは2つの部分に分かれています。1つ目は、grandMA2のMSCメッセージであることを示すものです。47 4D 41 00 4D 53 43 00 – これはGMA MSCに変換されます。

2つ目の部分は、ヘッダを含むメッセージの長さを表す4つのオクテットです。これはリトルエンディアンバイトフォーマットで書かれています(最下位が最初)。

これはオクテットの数を数え、10進数から16進数に変換することで計算されます。通常、最初のオクテットだけが必要ですが(最大255オクテットのメッセージが可能です)、4つすべてを送信する必要があります。

例:キュー35にgoコマンドを送信します。MSCメッセージは F0 7F 7F 02 7F 01 33 35 2E 30 30 30 F7.

これは13オクテットです。ヘッダーは常に12オクテットです。ですから、合計の長さは25オクテットになります。10進数の25は16進数では18です。メッセージ全体は

47 4d 41 00 4d 53 43 00 18 00 00 f0 7f 7f 02 7f 01 33 35 2e 30 30 f7

トリガマクロ 1 は F0 7F 7F 02 7F 07 01 F7 – 8オクテットです。

さらにヘッダの12は10進数で20=13進数です。

メッセージは

47 4d 41 00 4d 53 43 00 13 00 00 00 F0 7F 7F 02 7F 07 01 F7

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。