第3回シーンの設定方法/ゼロから始めるDALI制御

DALIで照明の制御を行う場合、それぞれの照明器具に対してどのグループに属するのか、0から15までのシーンをどのぐらいの明るさで点灯するのかなどを、事前にコンフィグレーターを使ってそれぞれの照明器具に覚えさせる必要があります。

今回はそのシーンの設定をTrodinic社のMasterConfigratorというソフトとDALI USBという装置を使って行う方法をご紹介します。

DALIでは器具に対して16個のシーン設定ができる

DALIは16のシーンの設定ができます。シーンは明るさの設定です。

器具にもよりますが、あるシーンが呼び出された時に0〜100%のどの明るさで点灯するかを設定します。

019

シーンを設定する器具をクリックすると、その器具のシーンの設定情報が表示されます。上の図のようにチェックがはいっておらず「MASK」と表示されている場合、これはシーンがひとつも設定されていない状態です。

シーンの設定方法

では、まずは6500Kの器具(A3)の器具の設定をしてみましょう。

021

やることは、

① 器具を選ぶ

② 「Set scenes」の□をマウスでクリックしてチェックをいれる

③ 明るさを%で入力する

021

④ 「save」を押して設定を照明器具に書き込む

という手順です。

このシーンの情報はDALI照明器具それぞれに書き込まれるので、一番最後に「save」を押すことで照明器具(電源)に、この器具のシーンの情報を書き込む事になります。

ちなみに、一度書き込んだシーンの情報は保存されますので、施工前など事前に器具にシーンの設定を書き込んで現場で取り付けるといったことも可能です。

シーン設定のサンプル

DALI

どのアドレスの器具に対して、それぞれのシーンをどのように設定したかというのは、表にして管理することをおすすめします。

上の表ではアドレスA0からA3まで4つの器具にたいし、シーン0から3までを、それぞれ、100%,50%,10%,0%で設定しました。もちろん、REDのシーン0は100%だけど、GREENのシーン0は50%にするということも可能です。

MasterConfigratorからシーンの点灯確認をする方法

シーンの設定ができたら、MasterConfigratorのCommand Administratorを使って、正しくそのシーンが再現されるかどうか確認してみましょう。

022

Command Administratorを起動して、Operating areaを「all」にして、Definitionのとこの▼をクリックし、その中から「GO TO SCENE 0」を選んだら、下にある「Send Command」をマウスでクリックします。

これは、DALIで「全部の器具に対してシーン0で点灯しなさい」というコマンドになります。

DSC 0864

すると、上のようにすべてのLEDが100%点灯しました。

では、次にDefinitionのところを「GO TO SCENE 1」にして「Send command」を押します。

これは、DALIで「全部の器具に対してシーン1で点灯しなさい」というコマンドになります。結果、すべての器具が50%で点灯しました。

023

同様に「GO TO SCENE 2」にして「Send command」をおします。

これは「全部の器具に対してシーン2で点灯しなさい」というコマンドになり、結果すべての器具が10%で点灯します。

024

最後に、「GO TO SCENE 3」にして「Send command」をおします。

これは「全部の器具に対してシーン3で点灯しなさい」というコマンドになり、シーン3は0%だったので、すべての器具が消灯します。

025

以上で設定したシーンのとおり、照明器具がちゃんと点灯することが確認できました。

DALI

まとめ

今回、器具1台ごとにシーンを設定し、全部の器具に対してシーン0から3までそれぞれのシーンを呼び出すことを行いました。

DALIには照明器具をグループ化できる機能もあり、シーンを呼び出す対象を器具1台にすることも、グループごとにすることもできるので、実際の設計では、ダウンライトやスポット、間接など、それぞれの器具の正確に応じてグループ分けを行い、実現したい光空間によってシーンの設定を行うことになります。

次回はDALIにおける器具のグループ分けについて説明します。DALIについてはグループとシーンの設定が一番のメインのところになるので、そこまでやるとだいぶDALIについての理解も深まってくると思います。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行うSlackを作りました。参加希望の方は問い合わせフォームより連絡ください。

お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする