DALI制御もできる屋外対応壁面ライトアップ用ライン状LED器具

今年の3月に開催されたライティング・フェアにてPHILIPS(フィリップス)社が新しい器具を発表していたのですが、その中の一つが屋外で使えるライン状の器具で、面を均一に照射でき、さらにコンバーターを使ってDALIでもコントロールできるということで面白そうなので、デモ器を貸してもらいましたのでご紹介します。

屋外用ライトアップLEDモジュール UNI strip Compact(ユニストリップ コンパクト)

unistripCompact

その器具は、UNIstrip Compact(ユニストリップコンパクト)という定電圧型(24V)でIP66の屋外用ライン状器具です。

長さは1200mmと300mmと2種類で色温度は3000K,4000K,5000Kの3種類となります。

色温度 光束(1200mm) 光束(300mm)
3000K 1850lm 789lm
4000K 2000lm 853lm
5000K 2000lm 853lm

製品写真

それでは製品の紹介です。

DSC 0907

本体はアルミダイキャストのレールの中にLED基盤が組み込まれ配光制御のレンズを通して光が照射されます。

DSC 0913

こちらがレンズです。スリットが細かく入っているのは面を均一に照射する為。

DSC 0915

壁に合わせて点灯してみました。角度を調節することによって壁面などを照らすことができます。

DSC 0909

ケーブルは器具の下部から内側向きに出ています。なので、器具の幅でしか設置できないといった場合にもケーブルの向きを心配する必要はありません。

DSC 0923

器具の裏側です。取説を見ると、金具を接地面にネジ止めしてから器具をカチッ!とはめ込むようなのですが、フィリップスの方にきいたところ、この金具は日本では用意していないとのことでした。

なので、こういった金具をつくれるという方は、ご連絡いただけるとありがたいです。 連絡はこちらをクリック

UNI 取説 pdf 2 4ページ

器具の横面です。PHILIPSのロゴがはいっています。

DSC 0925

光とDALI調光の様子

DSC 0918

DSC 0919

DSC 0920

DSC 0921

DALIで100%,50%,10%,1%のシーンを作り調光してみました。コンバーターにはSunricherを使いTridonic社のMasterConfigratorでPCからシーンの呼び出しをしています。

001

100%

DSC 0930

50%

DSC 0934

10%

DSC 0936

1%

DSC 0938

はい。写真だとまったくわからないですよね。動画も撮りましたのでご覧ください。

まとめ

このモジュールをDALI制御するためには、LEDモジュール+定電圧電源+コンバーターと3つの製品が必要になり、コストも手間もかかります。

海外では定電圧タイプでもDALI制御できる電源があるので、国内でもDALIがもっと普通に使われるようになったら、DALI制御できる電源のラインナップも増えてくるので、今よりもっと使いやすくなるでしょう。

それからこの製品はDMXでも制御できるので、単色で屋外(屋内も使えます)でライトアップするような時に検討ください。

光はとってもきれいなので、この器具の光を実際に見たい!という方はお気軽に連絡を。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行うSlackを作りました。参加希望の方は問い合わせフォームより連絡ください。

お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする