LONMARK SESSION2017東京でDALIやNode-REDについて話してきました

2017年10月18日に特定非営利活動法人 LONMARK JAPANと一般社団法人 日本KNX協会が主催で開催した「LONMARK SESSION 2017 東京 〜IoT時代のビルオープンネットワーク最前線〜」にて「「ソフトウェアからの設備制御」という発表をさせていただきました。

内容としては、IoTとかAI(人工知能)などが昨今話題になっていますが、これに関連して「設備制御の大変革」が現在おこりつつあること、その中でも「照明」の使い方が従来の明るさや雰囲気といったものから空間にいる不特定多数の人たちにコミュニケーションをとるためのものになるといったようなことを話しました。

lonmarksession

ちょっとあおり気味で、「照明が1台づつコントロールできると、民衆をコントロールできる」といったようなことをお話しさせていただきましたが、実は本気でそう考えており、IoTやAIに設備制御がつながると、全体最適やマーケティングの為に光が使われて、個人個人の選択に影響を及ぼすような未来がこれから来ると予想しています。

LonWorksSession2017Nakahata pptx

今まで普通に設備として利用していたものが細かく制御できるようになり、IoTによって多くの情報を入手してソフトにそのロジックをまかせることができると、設備時代が新しい意味を持ち始める、そんなことがおこるでしょう。

LonWorksSession2017Nakahata pptx

発表については、Slideshareに公開しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行うSlackを作りました。参加希望の方は問い合わせフォームより連絡ください。

お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする