次回オープン設備制御研究会はMobotixとKNX+DALI+Pepper+HoloLensをつなげてみます

第3回オープン設備制御研究会は「監視カメラシステムMobotixとKNX+DALI+Pepper+HoloLensをつなげてみよう!」をやります。

先日、株式会社アスティの久保田さんにドイツの監視カメラシステム Mobotixについてお話をきいてきました。

Mobotixとは?

ドイツの分散型・録画(DVR)機能内蔵IPネットワークカメラシステム技術を誇るMOBOTIX AGが製造販売するセキュリティのシステムです。

ソフトウェアを使ってユーザーが自分で警報が発せられる仕組みをつくることができ、その使いやすさと性能でヨーロッパで普及しております。

ちなみに、Mobotix社は2016年にコニカミノルタが株式の65%を取得しコニカミノルタの傘下になっています。

独MOBOTIX社の過半数株式取得による技術獲得へ | コニカミノルタ

セキュリティカメラ

今回、久保田さんから監視カメラシステムから警報が発令された場合、メール、FTP、接点などでその状態が送れることなどを、実際にMobotix管理画面を見せていただきながら説明をしていただけました。

なので、まずは簡単に接点情報をNode-RED側で受け取り、そこからDALIやKNX、ペッパー(ロボット)などとつなぐことができる見込みがたちました。

また、カメラの画像(映像)データをHoloLens側におくり、その画像から人間が判断して、拡張現実(AR)に表示された設備コントロールのボタンから、離れた場所にある照明のオンオフをDALIで、シャッターやその他の設備の制御をKNXでおこなったりするようなことも可能です。

まずは実験!

なので、まずはオープン設備制御研究会として監視カメラシステムのMobotixとDALI、KNX、ペッパー、HoloLensなどを連動させる実験を行い、メンバー間で知見を蓄積したいと思います。

現在、勉強会の日程は調整中ですが、ご興味ある方は、ぜひ、下記よりオープン設備制御研究会をチェックしてみてください。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

KNXパートナー

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行う「オープン設備制御研究会」を立ち上げました。詳細はこちらから→URL

IoT,DALI,KNXを使ったビジネスについてのコンサルティングもしています。

私への問い合わせ・依頼はこちらからどうぞ:お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする