LONMARKJAPANと日本KNX協会共催ーLONMARK SESSION 2018 東京が開催

2018年10月19日にLONMARK JAPAN主催による「LONMARK SESSION 2018 東京~これからのオープンシステムに対する期待と選択~」が開催されます。

このイベントは2年前からLONMARKS JAPANと日本KNX協会の共同主催になっているのですが、LonWorksもKNXもどちらも設備制御のオープンなプロトコルなので、2つの異なるプロトコルの団体が一緒にイベントを行うのもひとつの時代なのかなと思います。

今回、日本KNX協会からは、相原会長による「オープンプロトコルとビル管理~KNXnet/IP解説と事例紹介~」という公演があります。

定員は70名で先着順なので、なるべく早いうちにお申し込みください。

開催概要

名称:「LONMARK SESSION 2018 東京
   ~これからのオープンシステムに対する期待と選択~」
日時:平成30年10月19日(金)13:00~16:45(予定)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟 513号室
   国立オリンピック記念青少年総合センター公式ページ
定員:70名(先着順、定員になり次第締めきります)
費用:無料
主催:特定非営利活動法人 LONMARK JAPAN、一般社団法人日本KNX協会
協賛:LONMARK INTERNATIONAL

申し込み方法: 下記URLの申し込みフォームより

プログラム

13:00-13:10
開会の挨拶
LONMARK JAPAN 理事長 富田 俊郎
日本KNX協会 会 長 相原 直樹

13:10-13:50
基調講演
「自治体の今後のオープンシステムの取り組み」(仮)
公益財団法人 東京都環境公社 東京都環境研究所 藤原 孝行様

13:50-14:30
特別講演
「森ビルが考える、これからのオープンシステムに対する取込み」(仮)
森ビル株式会社 設計部 設備設計部 参与 大森 一郎様

14:30-15:10
講演
「オープンプロトコルとビル管理~KNXnet/IP解説と事例紹介~」
一般社団法人 日本KNX協会会長 相原 直樹

15:10-15:20
休憩

15:20-16:00
「LonMark Web Services for IIoT」
特定非営利活動法人 LONMARK JAPAN 理事 田中 宏明

16:00-16:40
「最新機器だけでなくレガシーまでをも IoT 化する “レトロフィット”と、
IoT に欠かせない無線通信(セルラー・LPWA通信)の最新動向について」
株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト
事業開発マネージャー 松下 享平様

16:40-16:45
閉会挨拶
一般社団法人 日本KNX協会副会長 高橋 宏行

このイベントの問い合わせ先

LONMARK JAPAN 事務局 電話: 03-3419-7922
メール: lmjinfo@lmjapan.org

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

KNXパートナー

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行う「オープン設備制御研究会」を立ち上げました。詳細はこちらから→URL

IoT,DALI,KNXを使ったビジネスについてのコンサルティングもしています。

私への問い合わせ・依頼はこちらからどうぞ:お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする