KNXのETS5で言語設定を変更する方法

KNXの設定をする専用ソフトウェアのETS5ですが、英語で使用することを強くお勧めします。

理由は2つあり

■ 理由1
製品情報をインストールする時に日本語では表示されないアイテムがあること

■ 理由2
エラーが起こった時に英語であればそのエラーの内容をGoogle検索して解決方法が見つけやすいから

といったことです。

しかし、日本語環境でETS5をインストールすると言語は日本語に設定されています。

なので、一番最初にETS5をインストールしたときに、言語設定を英語にする方法をご紹介します。

ETS5を立ち上げる

001

こちらがETS5を最初に立ち上げた画面です。上の方に「設定」という歯車のマークがあるのでこちらをクリックします。

002

左にある「言語」をクリックすると、「ETS言語」と「製品ご希望の言語」の2つが日本語になっていますので、クリックしてこれを「英語(English)」にします。

003

言語を変更するとこのウィンドウが現れますが「後で再起動する」を選び、2つとも変更したらETS5を再起動します。

再起動すると

005

再起動して、このように英語になっていればOKです。

KNXはこれから日本で普及してくと思いますが、やり方がわからなかったり、エラーが発生した時に、英語のメッセージで検索したほうが解決方法が見つかる可能性は高いと思いますので、ぜひ、英語でやってみてください。

まとめ

以上、KNXの専用設定ソフトウェアであるETS5の言語設定変更方法についてご紹介しました。

これから国内でもETSのユーザーが増えて行けば日本語での情報交換はできると思いますので、KNXを使いはじめたら、ぜひ、つながりましょう。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

KNXパートナー

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行う「オープン設備制御研究会」を立ち上げました。詳細はこちらから→URL

IoT,DALI,KNXを使ったビジネスについてのコンサルティングもしています。

私への問い合わせ・依頼はこちらからどうぞ:お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする