JUNG社「Universal push-button module, 4-gang(LS 5094 TSM)」ETS設定メモ

JUNG社のKNXボタン「Universal push-button module, 4-gang(LS 5094 TSM)」についてのメモです。

CREND02 LS990 F50 ivory 4button

プログラミングボタン

このモジュールにはプログラミングボタンがありません。

Insta 11 H210x296 1a 2018 12 05 20 19 45

個別アドレスを書き込む場合は、(11)のボタンを押したあと(12)のボタンを押し続けます。しばらくするとLEDが点滅するので、これでプログラミングボタンを押した状態になります。

Universal push-button module, 4-gang(LS 5094 TSM)のGroupObject(グループオブジェクト)

300

こちらはParameterで設定した後に表示されるGroupObjectです。

301

Data Typeが”dimming control”のオブジェクトのプロパティです。

302

Data Typeが”1bit”のオブジェクトのプロパティです。

Universal push-button module, 4-gang(LS 5094 TSM)のParameter(パラメータ)

■ General

303

Pushbutton extension module(TSEM)というのは、このボタンで親子を作ることが出来ます。

Insta EIB H210x297 1 2018 12 05 20 17 58

こちらが接続例。私は最初、KNX信号の送りで使えるかと思ったのですが違いました。お気をつけください。

■ Configuration TSM

304

動作している場合にボタンについているLEDを何色で点灯させるのかといったことが設定できます。

■ TSM – Operation concept

306

このタイプのスイッチは左右を対にして使うか、別々の機能として使うかを選ぶことができます。

今回、左のスイッチで調光(ダウン)、右のスイッチで調光(アップ)として使うため、Operation concept of buttons 1 and 2はRocker function(rocker1)として使います。

■ TSM – Rocker 1(Button1/2)

307

ボタンを長押しした時のFunctionです。

308

309

ボタンをポンと押したときに送られるデータはOnかOffです。

それに対して調光(明るくする)長押しした場合。

310

“$09 Increase,100%”と “$00 Decrease, Break”というデータが送られます。

311

調光の時は、

1.押した瞬間に送られるデータ(押しっぱなし)
2.ボタンを離したときに送られるデータ

といったデータになっています。

それに対して調光(暗くする)時は

312

313

調光ボタン(暗くする)を押した瞬間、”$01 Decrease, 100%”がおくられ、離したときに”$00 Decrease, Break”が送られます。

314

おそらくこれが「Transmit stop telegram」のようです。

315

試しにこれを”No”にしてみて、ボタンを長押ししてみました。

316

結果は”$09 Increase, 100%”が送られた後、ボタンから手を離しても”$00 Decrease, Break”が送られないので、100%の明るさになってしまいます。

ボタン長押しで調光したいときにはボタンから手を離した時にそのレベルで止まるように”Transmit stop telegram”をOnにしておきましょう。

■ TSM – R1 – Status LED

317

こちらでボタンを押した時にLEDを何色に点灯させるかの設定ができます。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

KNXパートナー

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行う「オープン設備制御研究会」を立ち上げました。詳細はこちらから→URL

IoT,DALI,KNXを使ったビジネスについてのコンサルティングもしています。

私への問い合わせ・依頼はこちらからどうぞ:お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする