KNX

KNXに関係ある標準規格などの名称一覧

KNXが設備制御のプロトコルとして、最も使いやすい点は、世界各国の標準化技術として認定されていること。

Monosnap 2020 06 19 18 28 13
日本KNX協会「KNXのご紹介」より引用

上記の資料のとおり、KNXはCENELEC(欧州電気標準化委員会)、CEN(欧州標準化委員会)、ISO(国際標準化機構)/IEC(国際電気標準会議)、SAC(中国国家標準化管理委員会)、ANSI(米国国家規格協会)、ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)において認定された規格となっています。

下記はwikipediaから各団体の説明を抜粋し一覧にしたものです。

CENELEC(欧州電気標準化委員会)

欧州電気標準化委員会(おうしゅうでんきひょうじゅんかいいんかい、英: European Committee for Electrotechnical Standardization、仏: Comité Européen de Normalisation Electrotechnique, CENELEC)は、電気工学分野のヨーロッパにおける標準規格を策定する機関。

ETSI(電気通信)とCEN(他の技術分野)と共に、ヨーロッパにおける技術標準体系を形成する。

Wikipediaより

CEN(欧州標準化委員会)

欧州標準化委員会(仏: Comité Européen de Normalisation、CEN)は、一貫した標準規格と仕様の開発・保守・配布を行うための効率的基盤を提供することによって、国際社会におけるヨーロッパ経済の力を強め、ヨーロッパの市民の福祉や環境を高めることを目的とした私的な非営利組織である

欧州標準化委員会 – Wikipedia

ISO(国際標準化機構)

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、英: International Organization for Standardization)、略称: ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。

国際標準化機構 – Wikipedia

IEC(国際電気標準会議)

国際電気標準会議(こくさいでんきひょうじゅんかいぎ、International Electrotechnical Commission、IEC)は、電気工学、電子工学、および関連した技術を扱う国際的な標準化団体である。国際規格作成のための規則群(Directives)、規格適合(ISO/IEC 17000シリーズ)、情報技術(ISO/IEC JTC1)など一部は国際標準化機構(ISO)と共同で開発している。

国際電気標準会議 – Wikipedia

SAC(中国国家標準化管理委員会)

国家標準化管理委員会(Standardization Administration of China:SAC)
中国の WTO 加盟に伴う国内標準規格体制整備の一環として、全国の標準化を管理する主管機関。

ANSI(米国国家規格協会)

米国国家規格協会(べいこくこっかきかくきょうかい、American National Standards Institute)は、アメリカ合衆国の国内における工業分野の標準化組織であり、公の合意形成のためにさまざまな規格の承認を担っている。

米国国家規格協会そのものは規格を作成せず、SDOsと呼ばれる280以上の規格開発団体の作成した規格を認定して承認する機関が米国国家規格協会であり、認定された規格は米国国家規格(ANSI規格)として認定される。

略称はANSI(アンシ、アンジ、アンシー)。訳は米国国家標準協会とも。また、元は旧称 American Standards Association (ASA) の訳だった米国規格協会・米国標準協会とも呼ばれる。本部はワシントンD.C.にあるが、事務局はニューヨークにある。

ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)

アメリカ暖房冷凍空調学会(アメリカだんぼうれいとうくうちょうがっかい、英: American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers, ASHRAE)は、暖房、換気、空調、冷凍など(空気調和、HVAC&R)に関わるあらゆる個人や団体のための国際的学会である。多数の技術委員会があり、毎年2回定例の総会が開かれている。冬の総会では、同時に AHR Expo という見本市も開催している。

日本冷凍空調学会は ASHRAE の Associate Society となっている。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。