KNX

KNX-IP Routerを使ってNode-REDからKNXをつなげる方法

how-to-connect-node-red-to-knx
01 11

Node-REDとKNXをつなげるライブラリとしてnode-red-contrib-knx-ultimateを使い始めました。

一般的に、KNXをIPネットワークで接続する場合は、KNX-IP Routerを使うので、今回はInterra社のKNX-IP Routerを使ってNode-REDとKNXをつなげる方法をご紹介します。

KNX-IP Router ITR901-001

INTERRA KNX IP Router

ETS側の準備

ETS側は、スイッチアクチュエータを使ってOn/Offするプログラムを作成しました。

デバイスはInterra社のComboモジュール(ITR504-16A)です。


Combo module

INTERRA KNX Comboスイッチアクチュエータ  ITR504-16A – スマートライト株式会社

11 10 38 46

Group Address 0/0/1にITR504-16AのOn/Offというグループオブジェクトをいれて、単純にGroup Address 0/0/1に1bitのデータがくると、スイッチアクチュエータがOn/Offになるようにしました。

11 13 15 23  1

また、KNX-IP RouterのIPアドレスについては、ETSのBUSの画面で確認できます。

IPアドレス:192.168.1.125
Port : 3671

Node-REDのフロー

01 11

Node-REDのフローはこのように、trueとfalseのInjectノードに、KNX Ultimateの”KNX Device”ノードを接続しました。

01 11

KNX Deviceノードの中身は、Group Addressに”0/0/1″、DataPointに”1.001 Switch”を設定。

01 11

Gatewayには、先程確認したKNX-IP RouterのIPアドレスを入力しました。ポートは最初から入力されています。

Node-REDからデータを送信

01 11

Node-REDのtrueのInjectノードを押すと、スイッチアクチュエータがカチッといって”true”になります。

01 11

falseも正しく反映。

11 13 25 00

ETSのDiagnosticsでも受信したデータが確認できました。

これで、Node-REDからデータを送ることができました。

まとめ

KNX-IPルーターをつかえば、IP経由で他のシステムとつなぐことができるので、今後もいろんなものとつなげてみたいと思います。

ちなみに、この検証をするのに必要なKNXの機器は下記の通りです。KNX Power SupplyはKNXを使うのに必須の製品となります。

品名 型番 詳細
KNX-IP Router TR900-001 URL
KNXスイッチアクチュエータ ITR504-16A URL
KNX Power Supply ITR900-116 URL
ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です