KNX

スマートホーム監視:管理ツール Comfortclick Jigsaw KNXを試してみる

KNXで構築したスマートホーム向けの管理ツール(サーバー)はいろんな会社から出されていますが、以前、Comfortclickというスロベニアの会社のJigsaw KNXという管理ツールを購入してそのままになっていたので、あらためて検証をしていきます。

Jigsaw KNXについて

jigsaw knx

Jigsaw KNXは、マンションや小規模・一般住宅のホームオートメーションシステムの制御・監視用のアプリケーションが動くbOSとよばれるサーバーが動いています。

0 1 0

bOS Configというソフトを使って、人感センサーや温度センサーの値、照明や空調、ドアや窓の開閉状態を視覚化と遠隔地からの制御を行うことができます。

bOS ConfigからJigsaw KNXを使ってみる

Jigsawa KNXに電源とLanケーブルを接続して通電。

bOS Configuratorを立ち上げる。

18 19 46 26  1

右上のメニューから”追加”をクリック。

18 19 49 32  1

アクセスIDには製品の表記されているシリアル番号、ユーザー名は”User”、パスワードは”Pass”と入力。

18 19 51 34  1

画面をクリック。

18 19 53 22

サーバーのバージョンが古かったようなのでupgradeを進められます。”はい”をクリック。

18 19 55 48  1

New Featuresが表示されます。

その内容にJapanese Translationsとでてびっくり。

bOS Configurator

ただ、私がインストールしたbOS Configuratorのバージョンは4.7.0で、最新版は4.8.8だったので、bOS Configuratorを再度インストールすることにします。

bOS Configurator – Smart Home Building Automation Software – ComfortClick bOS

18 20 12 15  1

Jigsaw KNXを自分のアカウントに登録

18 20 16 15  1

InfoにあるLicense Validをクリックして、Infoが表示されますが、ここのEditを押すと、Comvortclick.comがブラウザで開かれます。

18 20 19 22  1

Jigsaw KNXの登録画面です。

18 20 29 03

自分のcomfort clickのアカウントにこのJigsawが登録されました。

18 20 29 22

ここで、Updateが終わらない状態になりました。

対応方法をメーカーに確認中です。

2021/4/7 追記
その後、bOS Configratorから、JigsawのIPアドレスを直接入力したところ無事に接続できました。
メーカーの方にも確認いただいたのですが、普通に使えそうです。

引き続き、このJigsawの使い方を照会していきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。