KNX

I-LuxusのKNX Digital Analog Input Module LXA-148-010の検証

I-Luxus社のKNXデバイスLXA-148-010が届いたので検証をしています。

この製品はAnalogInput/Outputともに、0〜10Vだけです。0〜20mAには対応していません

LXA 148 010

i-Luxus KNX Digital Analog IO LXA-148-010 – スマートライト株式会社

このLXA-148-010には、

  • Analog Input : 4ポート
  • Digital Input : 4ポート
  • Analog Output : 4ポート

と、DAのInputとAnalogのOutputがあります。

これらの使い方について検証します。

今回はAnalog Inputで0〜10Vの信号を受ける方法です。

↓ 動画

Analog Input (電圧)の計測

接続

IMG 2594

使用した機器はこちら。

KNX電源 INTERRA ITR900-116
IPルーター INTERRA TR900-001
DAインターフェース i-luxus LXA-148-010
電源 DPS3005
テスター TST-DTM86

LXA-148-010のAnalogInputのGNDと1を、電源とテスターに並列でつなぎました。また、電源は別途外部から24V DC電源をつないでいます。

ETSの設定

Parameter(パラメーター)

28 07 38 38

LXA-148-010のパラーメーターについて、ANalog InputsのInput1についてはこのようにします。

0-10Vのセンサーなので、10Vのときに255、0のときに0で認識します。

Group Address(グループアドレス)

28 07 41 24

今回は診断ツールで受け取った値を見るだけなので、0/0/1にAnalogInput1というグループアドレスを作成しました。

ETSの設定は以上です。

これでデバイスに書き込み確認します。

検証

ETSの診断での表示

28 07 50 45  1

ETSの診断では、情報というところに受け取った情報が0〜255の値で表示されます。

誤差の検証方法

ETS側では10Vが255、0Vが0なので、グループアドレス0/0/1の値をETS_Valueとして、電源の表示電圧をPS_Voltageとすると、

ETSの値からの電圧計算値 :10÷255✕ETS_Value (V)

となります。

この式をもちいて、

IMG 2594 JPG 2021 07 28 07 52 43

電源が表示している値

IMG 2594 JPG 2021 07 28 07 53 13

テスターの表示している値

これに、ETS側で受信した値を確認します。

測定値

Book1 2021 07 28 08 15 51

測定値は以上のようになりました。

まとめ

私が使った電源もテスターも安価なものなので、どれが正しいのかはわかりませんが、とりあえず、外部からの0〜10Vの値を読み込む方法については確認できました。

次は電流値0〜20mAの入力について確認します。
この製品はAnalogInput/Outputともに、0〜10Vだけです。0〜20mAには対応していません

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。