EnOcean

EnOceanゲートウェイとして使用できるAruba Instant APの設定方法 1/3

2018年にEnOceanを使ったプロジェクトをやろうとしたところゲートウェイが入手できなくて、結局、ラズパイにUSB400Jを差し込んでゲートウェイにした覚えがあります。

今でこそ各社からEnOceanのゲートウェイはいくつか出てきましたが、ゲートウェイだけの機能を提供してくれるものは、あまりありません。

一方、AurbaやCISCOといったネットワーク機器のメーカーが、自社のAP(アクセスポイント)にEnOceanのUSBドングルを入れれば、EnOceanのゲートウェイとして使える製品を出してきました。

今回、Aruba社のAP-505を購入しましたので、この製品をEnOceanのゲートウェイとして使う方法をご紹介したいとおもいます。

Aruba AP-505

準備

IMG 4807

まずはEnOceanのUSBドングル USB400JをAP-505に取り付け、電源とLanケーブルを接続して起動。

ブラウザで接続

ネットワーク検索ツールをつかって、AP-505のIPアドレスを確認。

UntitledImage

Chromeで開こうとするとこのメッセージが出ます。

このように出たらキーボードから “thisisunsafe”と入力します。

【Google Chrome】「この接続ではプライバシーが保護されません」が出た時の対処方法|TechTechMedia

UntitledImage

このように、AP-505へログインするページが表示されるので、

ユーザー名: admin
パスワード : シリアル番号

でログインします。

Aruba Instant AP基本操作ガイド

UntitledImage

初期パスワードの変更を求められるので変更後、再度、ログインを行います。

UntitledImage

すでに誰かが初期パスワードを変更してしまった場合は、リセットキーを押して工場出荷状態へもどしましょう。

UntitledImage

AP-505のダッシュボードの画面はこんな感じです。

Aruba AP-505にSSHで接続

先程、AP-505のIPアドレスとログイン情報を確認できたのでSSHで接続します。

UntitledImage

これでログインできました。

EnOcean信号を受信して指定のサーバーに送るためには、IoT Transport Profileを作る必要があります。

次回(2/3)はそのやり方をご紹介します。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。