DMX

カラーキネティクス社のiPlayer3をRS-232Cで動かす 1

カラーキネティクス社のiPlayer3をRS-232Cで動かすためのメモです。

まずはiPlayer3のRS-232Cでのコマンドを確認します。

iPlayer3のSerialポート

UntitledImage

iPlayer3のピンアサインはこちら。

UntitledImage

4番ピンからは5Vの電源が供給されていますが、iPlayer3のDIPスイッチでこれを止めることができます。

DIP Switch1でSerialポート1、DIP Switch2でSerialポート2が止められます。

iPlayer3のRS-232Cコマンド

The serial protocol used to control the Controller Keypad, AuxBox or third-party triggering
device is 9600 baud, 8 data bits, no parity, 1 stop bit. There is no flow control. Each command to
the iPlayer 3 consists of five characters. The first character is always X. The next two characters
are the ASCII representation of a hexadecimal command byte. The last two characters are a
hexadecimal data byte. The hexadecimal alpha characters are uppercase (0 – 9, A – F).

コントローラ・キーパッド、AuxBox、または他社製トリガー・デバイスを制御するために使用されるシリアル・プロトコルは、
9600ボー、8データビット、パリティなし、1ストップビットです。フロー制御はありません。

iPlayer 3 への各コマンドは5文字で構成されています。

最初の文字は常にXで、次の2文字 は16進数のコマンドバイトをASCIIで表現したものです。最後の2文字は 16進数のデータバイトである。16進数のアルファ文字は大文字(0~9,A~F)です。

  • iPlayer3からの返信もこの形式ですが、Xの代わりにYで始まります。
  • iPlayer 3 は文字を受信してもエコーしません。
  • 不正な文字や不正なフォーマットのパケットは、エラー表示もなく無視されます。

iPlayer3のコマンド例

以下、16進数バイトを表現するためにddを使用します。

X0100
全照明OFF

X02dd
明るさレベルの設定。ddが明るさの値(00 = Off, FF = full On)

X03dd
相対的な明るさを設定します。グローバルな輝度レベルをddだけ上げるか下げるか(ddは2の補数。 つまり、02は2増加、FEは2減少します)。輝度は0から255の間で固定されます。

X04dd
Set Show. Starts the show with trigger number dd, playing from the beginning. The trigger
number must be in the range 1 through 225 (E1).
ショーを設定します。トリガー番号ddのショーを開始し、最初から再生する。トリガ 1 から 225 (E1) までの範囲でなければならない。

iPlayer3からの返信

Y00dd
現在のモード。

Y0100
OFFモードに入った。

Y02dd
現在の輝度レベル

Y03dd
Not sent

Y04dd
現在のショー番号

Y0Fdd
エラー発生、データバイトにショー番号あり。これは、選択したショーが利用できない場合によく返されます。が利用できない場合(キーパッドがLEDを点滅させることを認識するため)に返されます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。