Modbus

MOXA社のシリアルサーバーNPort5150を使ってModbusRTUのCO2センサーのデータを受信してみた

MOXA社のNPort5150をつかってModbus RTUのセンサーデータを取得しようとしています。

まずは、NPort5150の使い方を調べるために、公式サイトにあるドキュメントを和訳しながら、前回の記事(Elsner Modbus RTU CO2センサーをNode-REDで接続してデータを取得してみた)と同じ様にデータの受信ができるかを試していきます。

NPort 5100 Series – Software & Documentation | MOXA

NPort 5100シリーズとは

NPort 5000シリーズデバイスサーバーは、シリアルデバイスを瞬時にネットワーク対応にするために設計されています。サーバーのさまざまなフォームファクタは、ユーザーがIPベースのイーサネットLANにレガシーデバイスを接続するための柔軟なオプションを提供します。

LEDインジケーターについて

IMG 5091 UntitledImage

Windowsユーティリティによる設定

NPortアドミニストレーションスイートは、NPort AdministratorとIPシリアルライブラリをバンドルした統合ソフトウェアスイートで、遠隔地からNPortを管理、監視、変更するために必要なすべてを提供します。

NPort Administratorを使用すると、ネットワーク経由でNPortデバイスサーバーを簡単にインストールし、設定することができます。インストールプロセスを容易にするために、5種類の機能セットが提供されています。コンフィギュレーション、モニター、ポーティングモニター、COMマッピング、IPアドレスレポート。

このセクションでは、NPort Administrator を使用した「一般的な設定の構成」のみを取り上げます。この便利なユーティリティ群の詳しい使い方は、第6章を参照してください。

デバイスサーバーの設定には、ウェブコンソール、シリアルコンソール、またはTelnetを使用することもできます。これらのコンソールの使用に関する追加情報については、「Webコンソールによる設定」、「シリアルコンソールによる設定」、「Telnetコンソールによる設定」のセクションを参照してください。

NPort Administrator Suitのダウンロードとインストール

NPort 5100 Series – Software & Documentation | MOXA

上記URLを開き、ShowMoreで他のソフトも表示されます。

UntitledImage

NPort Administrator Suitはこれ。Win11を使っていますがWin10バージョンをいれてみました。

UntitledImage

同時に、Driverもいれておきましょう。

NPort Administrator Suit

デバイスの確認

2022 07 10 17h37 10

立ち上げます。”Search”を押してNPortを探します。

2022 07 10 17h38 41

設定画面では、LAN上で見つかったNPortデバイスサーバーが一覧表示されます。本機が見つからない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。すべてのケーブルを確認し、PCとデバイスサーバーが同じLAN上にあることを確認してください。それでも問題がある場合は、デバイスサーバーとPCを直接接続してみてください。

NPortの設定を行う前に、まずNPortのロックを解除する必要があります。Configuration 画面で本体を右クリックし、ポップアップメニューから Unlock を選択します。

デフォルトのUsernameとPWは

Username: admin
Password: moxa

NPort 5150はPasswordだけ入力すればOk.

2022 07 10 17h49 21

これでUnlockできました。

設定の変更

設定画面で右クリックし、ポップアップメニューから「Configure」を選択します。「Network」タブをクリックします。修正したい項目の「Modify」チェックボックスを選択します。

デバイスサーバーには、ネットワークで有効な固有の IP アドレスを割り当てる必要があります。固定IPアドレスと動的IPアドレスの両方がサポートされています。

Configuring Device Port Operation Mode

このセクションでは、デバイスポートの動作モードの設定について説明します。動作モードは、デバイスポートがネットワークとどのように相互作用するかを決定します。どのオペレーションモードを選択するかは、特定のアプリケーションによって異なります。このセクションの最後にある表を参照して、最も適切なオペレーションモードを選択してください。各オペレーションモードの詳細については、第 4 章と第 5 章を参照してください。

Adjusting Operation Mode Settings

2022 07 10 17h58 25

各デバイスポートの動作モードパラメータは、NPort Administratorから設定することができます。ネットワークパラメータの調整と同じ方法で、デバイスサーバーの設定画面を開いてください。動作モード画面で、「修正」チェックボックスを選択し、設定するデバイスポートを選択します。「Configure」をクリックして、選択したデバイスポートを設定します。

必要に応じて、動作モードと関連するパラメータを設定します。動作モードと高度な設定の詳細については、第 4 章と第 5 章を参照してください。新しい設定でデバイスサーバーを再起動する準備ができたら、「OK」をクリックします。

2022 07 10 17h59 26 UntitledImage

シリアル通信パラメータの設定

2022 07 10 20h17 52

各デバイスポートのシリアル通信パラメータは、NPort Administratorから設定することができます。ネットワークパラメータの設定と同じ方法で、デバイスサーバーの設定ウィンドウを開いてください。シリアル」画面で、「Modify」チェックボックスを選択し、設定するデバイスポートを選択しSettings をクリックして、選択したデバイスポートを設定します。

Mapping COM Port to Device

このセクションでは、Windows PCのCOMポートをNPortデバイスポートにマッピングする方法について説明します。このマッピングにより、Windowsソフトウェアがネットワーク上のシリアルデバイスをローカルCOMデバイスのようにアクセスできるようになり、ソフトウェアを移行することなく即座にデバイスネットワークを構築することが可能になります。COMマッピングは、リアルCOMモードとRFC2217モードでのみサポートされています。

以下の説明は、リアル COM モードで動作するデバイスポートのためのものです。RFC2217 モードで動作するデバイスポートについては、各ドライバの説明に従ってください。Real COMモードは、LinuxおよびUNIXシステム上のTTYポートマッピングにも対応しています。

Specifying the Target Device Server

スクリーンショット 2022 07 10 202328

NPort Administratorで、FunctionパネルのCOM Mappingをクリックし、COM Mappingウィンドウを開いてください。COM Mapping ウィンドウの空の行を右クリックします。ポップアップメニューの[Add Target]を選択し、デバイスサーバをマッピングターゲットとして割り当てます。

NPort Administratorによって検出されたNPortデバイスサーバーのリストが表示されます。デバイスサーバーを選択し、[完了]をクリックします。

Assigning COM Port Number to Device Port

COM Mapping画面には、ネットワーク上で利用可能なデバイスポートのリストが表示されます。対象となるデバイスポートを右クリックし、ポップアップメニューから「COM Settings」を選択します。

基本設定画面で、デバイスポートにマッピングされる COM ポート番号を選択します。自動列挙のチェックボックスを選択し、COMポートに自動的に番号を付けることで、同時に複数のCOMポートをマッピングすることができます。

** 実はWin11でこれをやろうとしたところ、

COM2 is used currently. No change can be done yet. Please change the port and try again.

というメーセージが表示されてうまくいきませんでした。

NPort AdministratorでCOM Mapping機能を使用しようとすると、エラーメッセージが表示されます。なぜでしょうか、また、どう対処したらよいですか?

確認したところ、上記URLにて、Win11ではNPort Administratorは”WindowsのWHQLテストプロセス”に合格していないため、この設定ができないようです。

かわりに、WindowsのWHQLテストプロセスに合格している”NPort Windows Driver Manager”を使うようにということでした。

NPort Windows Driver Manager

スクリーンショット 2022 07 10 204601

NPort Windows Driver Managerを使って無事にCOM2にMappingすることができました。

Node-REDから確認

UntitledImage

前回の記事と同じフローで、マッピングしたNPort 5150のRS-485 2-wire(Modbus)を接続し、Modbus RTUのCO2センサーのデータを受信することができました。

Elsner Modbus RTU CO2センサーをNode-REDで接続してデータを取得してみた|デジタルライト(Digital-light.jp)

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。