あかりサロン26「Light Design Control・2018欧州照明展示会最新レポート」の資料

2018年4月19日に六本木AXISギャラリーにて開催された”あかりサロン26「Light Design Control・2018欧州照明展示会最新レポート」”で使用した資料に一部加筆して公開しました。

一番伝えたかったことは、これから新しい技術に基づいた市場が拡大していく中で、私達の照明もその大きな波に巻き込まれることは必須で、閉じた世界ではなく他とつながるということを考えると、メーカー独自の制御方式ではなく、仕様が公開されて機器やゲートウェイも手軽に入手できる、オープンな制御プロコトルが中心になるであろうということ。

今回のLight + Buildingに行ってきてみて、あらためてその制御プロトコルとしては、照明ならDALI、設備制御ならKNX、この2つしか選択肢がないと痛感しました。

DALIはもう当たり前、KNXも含めて、今後のビジネス展開を考えることを、強く強くおすすめします。

あかりサロンについての動画

今回のイベントの紹介動画

2014年のイベントの時の紹介動画

資料の中で紹介した動画

TensorFlow.jsで機械学習させてDALIの照明シーンを呼び出してみた

世界初!PepperとDALIとKNXを連携させてみた!

この記事を書いた人

この記事を書いた人

中畑隆拓

KNXパートナー

照明制御が得意です。
Node-REDを使ってIoT機器の情報を読み込み、DALI-APIを叩いて制御しています。

今後、設備の制御はNode-REDのようなソフトウェアが中心になると実感していて、いろんなところで講演してます。

講演予定・実績一覧

DALIだけでなくKNXやModbus、Lonworksなど、設備制御について意見交換を行う「オープン設備制御研究会」を立ち上げました。詳細はこちらから→URL

IoT,DALI,KNXを使ったビジネスについてのコンサルティングもしています。

私への問い合わせ・依頼はこちらからどうぞ:お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする