KNX

KNXホームオートメーションサーバー Jigsawで初めてのプロジェクト

KNXと他のIoT機器をつなげるホームオートメーション用サーバーComfortclick社のJigsawの使い方を学習中。

スマートホーム監視:管理ツール Comfortclick Jigsaw KNXを試してみる|デジタルライト(Digital-light.jp)

スマートホーム用見える化&遠隔制御アプリComfortclickのbOSを検証|デジタルライト(Digital-light.jp)

ようやくやり方がわかってきたので、My First Projectをやります。

まずは、KNXの方でスイッチアクチュエーターを使い、そのOn/OffをJigsawから行う方法を紹介します。

↓ Comfortclick社のKNXインターフェース付きサーバー Jigsawはこちら
Comfortclick Jigsaw

KNXデバイスの紹介

今回使用するデバイスの紹介です。

IMG 2077

写真上から、スイッチアクチュエーター(INTERRA ITR504-16A)、その横はDC24Vで点灯するパイロットランプ、下段に今回解説するComfortclick Jigsawを設置しています。

ETSの設定

29 22 09 11

ETS側で使用するデバイスは、スイッチアクチュエーター ITR504-16Aのみです。

29 22 11 48

グループアドレス(GA)は、0/0/1にパイロットランプのOn/Offを制御するものを作成します。

これでKNXデバイスに書き込みます。

ETSプロジェクトのエクスポート

Jigsaw側でETSの設定をインポートすることができるので、ETSからプロジェクトをエクスポートします。

29 22 14 42  1

プロジェクトを選び右クリックで”Export”をクリック。

29 22 17 53  1

ETSプロジェクトをエクスポートするときに気をつけることは、ファイルの形式を拡張子esfになるOPC Exportにすること。

Jigsaw側はこのファイル形式でないと読み込めません。

以上でETS側の設定は終了。

bOS ConfiguratorからJigsawに接続

29 22 21 20  1

まずは、bOS ConfiguratorからJigsawに接続します。

29 22 24 03

無事にJigsawに接続できました。

ETSプロジェクトをImportする方法

29 22 25 39  1

左にならんでいる”Devices”を右クリックするとメニューが表示されるので、そこから”+ Add”を選びます。

29 22 27 30  1

追加できるデバイスが表示されるので、その中から”KNX”を選んで”Add”ボタンを押します。

29 22 28 47  1

デバイスとしてKNXが追加されました。

“Import data from ETS…”と表記されているところをマウスでクリックします。

29 22 30 30  1

先程作成した拡張子がesfのファイルがあるので選びます。

29 22 31 41

ETSで作成したGroupAddressが表示されるので、”Next”を押します。

29 22 32 41

無事にこのGroupAddress(Device)が読み込まれました。

29 22 33 52  1

“Template”は”Lamp”を選びます。

29 22 35 22  1

Driver > Enabled を Trueにします。

29 22 37 23  1

先程インポートした”Pirot A On/Off”を表示させます。

Themaの設定

29 22 39 23  1

Themaを表示させます。

29 22 40 37  1

先程の”Pirot A On/Off”をドラッグ&ドロップすると、”Object Control”というウィンドウが表示されるので”Add”を押します。

29 22 42 24  1

これで、Themaにパイロットランプのボタンが表示されました。

bOS Clientから操作

bOS Clientを立ち上げます。

29 22 43 36

先程、bOS Configuratorで作成したThemaが表示されています。

ボタンを押してみましょう。

29 22 44 57 IMG 2080

ボタンが黄色に変わり、現物のパイロットランプも点灯しました。

ちなみに、iOSやAndroid用のアプリもあるので、スマートフォンやタブレットからも操作できます。

まとめ

以上、KNXホームオートメーションサーバー Comfortclick社のJigsawを使ったKNX制御について、初めてのプロジェクトを作成しました。

今までは”Devices”のEnableをTrueにするところがわからず、なかなかすすめませんでしたが、これでこの先にいけそうです。

また、JigsawはHueやSonosのライブラリーもあるので、IP通信でつながる過程用IoT機器とのインテグレーションはとても簡単そうです。

引き続き、Jigsawをつかったホームオートメーションサーバーの検証をすすめていきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です