KNX

ETSで行うはじめてのKNXプロジェクトチュートリアル4

ETSを使ったKNXプロジェクトチュートリアルの4回目です。今回はKNXの機能の中でもよくつかわれるSTATUSの設定についてやっていきます。

ETSで行うはじめてのKNXプロジェクトチュートリアル1

ETSで行うはじめてのKNXプロジェクトチュートリアル2

ETSで行うはじめてのKNXプロジェクトチュートリアル3

KNXのSTATUSを使うとデジタルツインが簡単に実現できる

KNXではほとんどのKNXデバイスに、状態が変わった時にそれを送信するGroup Objectが備わっています。

これを利用することによって、照明が点灯している、消灯している、ブラインドが上がっている下がっている、扉が開いている、開いている、といった1bitのデータで表せるようなことや、照明が調光率何%で点灯している、ブラインドが50%の位置で開いている、など、状況を値で表すようなデータをKNXデバイスの間でやりとりすることができます。

たとえば現実の空間を3Dのデジタルデータとしてつくり、その中の設備が、実際の空間の状態とまったく同じようにするために、現実空間で照明が点灯したら3Dの空間にデータをおくり、デジタル空間の中のデータを消灯したり、現実空間でブラインドを50%開けたら、デジタル空間のブラインドも50%の状態にしたりなんてことができます。

いわゆる、設備や空間のデジタルツイン(DX)と呼ばれるものです。

KNXのSTATUSをETSで使ってみる

05 17 15 23

STATUS用のGroup Addressをつくるところから始めます。 Lightingの中に0/1/1 STATUSというGroup Addressを作成します。

05 17 17 28  1

KNXスイッチのParameterでLED1を選び、”LED1 react at:”で”object”をクリックします。

05 17 19 53  1

Colour for on : green

COlour for off : red

とします。

05 17 22 06  1

LED1 function Statusという1bitのGroup Objectが現れますので、これを0/1/1のGroup AddressにLinkさせます。

05 17 23 30

次にComboモジュールです。

05 17 24 24  1

ComboモジュールにOut1 Statusという1bitのGroup Objectがありますので、これを0/1/1のGroup AddressにLinkさせます。

05 17 25 59

Group Addressの状況はこのようになります。

KNXデバイスで確認

ETSで設定した内容をKNXデバイスにDownloadします。

デバイスの個別アドレス(Individual address)はすでに設定ずみなので、Applicationのみのダウンロードになります。

05 17 27 45  1

Group Addressを選んでDownload applicationをクリック。

05 17 28 43

すると、このGroup Addressに関係するデバイスすべてに対してダウンロードが開始されます。

無事に書き込めたら、実際のデバイスを確認してみましょう。

IMG 2622

まずはボタンをおして点灯。

IMG 2623

すると、KNXボタンにあるLEDが緑色で点灯します。

IMG 2624

消灯するとKNXボタンのLEDは赤色で点灯します。

KNXスイッチのParameterの解説

05 17 37 32

KNXボタンによってLEDがOn/Offされると、その瞬間にComboモジュールからStatusの1bitのデータがGroup Address 0/1/1に送信されます。

05 17 34 14  1

KNXスイッチのStatusのGroup Objectがそのデータを受け取り、KNXスイッチに内蔵されているLEDをOnでgreen、Offでredに点灯させます。

まとめ

以上、KNXのStatusをKNXデバイスに反映させる方法について説明をしました。

KNXはメーカーが違っても、このStatusという機能があるので、設備の状態が変わったときのデータのやりとりがとても楽です。

今回はKNXデバイスの中だけでStatusの値を受け取りましたが、KNX IP Routerなどを使えば外のネットワークにStatusのデータを送ることもできるので、設備のデジタルトランスフォーメーションを実行する場合、KNXを使うと設備側に必要な機器やアプリケーションはとても楽になりますよ。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。