DALI

KNX-DALIの学習に必要な機器をそろえたKNX-DALI初心者学習キット

KNX-DALI初心者学習キット

スマートライト株式会社では、KNX-DALI初心者学習キットの発売を開始いたします。

ねらい

DALIの普及にともない、DALIの上位の制御システムとしてKNXが検討されることも増えてきました。しかし、これからKNXとDALIについて学びたいと思った時、どこから何を購入すればよいか、わからない方が多いのではないでしょうか?

私自身も海外から機器を取り寄せ試行錯誤しながら、何が必要で、どうやって使うのかを学んできたので、KNX-DALIの学習に必要なものをセットにすることで、興味をもった人が学習をするきっかけを提供できるのではないかと思い、このセットを作りました。

KNX-DALI初心者学習セットに含まれているもの

Img 01

KNX-DALI初心者学習キットには、KNXからDALIを制御するための基本的な製品が含まれています。

① KNX USBインターフェース

02 07

KNXの設定(プログラミング)を行うには、ETSというKNX協会本部が提供している専用ソフトを使います。

ETSはWindowsのPCで動きますが、PCからKNX機器との接続にこのKNX-USBインターフェースが必要となります。

② KNX Power Supply

02 07

KNXのネットワークをアクティブにするためには、30VのBUS電源が必要で、それがKNX Power Supplyとなります。

このBUS電源はデバイスが動作するための電源も兼ねているので、多くのスイッチやセンサーなどはKNX信号線を接続するだけで動作し、別途電源を接続する必要がありません。(例外もあります)

③ KNX-DALIゲートウェイ

02 07

DALIの信号を送受信するためのデバイスです。DALI BUS電源も内蔵しています。

KNX DALIゲートウェイについては、メーカーによってDALIコンフィグレーションを行うアプリケーションが違いますが、このInterra社のKNX-DALIゲートウェイは、別途アプリケーションをインストールする必要はなく、ETS上でDALIのコンフィグレーションを行うことができます。

④ KNX 8ボタンスイッチ

02 07

8ボタンのKNXスイッチです。

左右をOn/Offや光量アップ/ダウンなどのセットで使うことや、照明シーンの呼び出しなどを行うことができます。

DALI側の照明の挙動を学習するのにとても便利なKNXスイッチです。

⑤ KNXケーブル

02 07

KNXデバイスの接続に使われる信号線です。

主に赤と黒の信号線を使いますが、デバイスによっては30V DC電源の供給が必要になるものもあり、その際は黄と白のケーブルを使います。なお、今回のセットの中には別途30V DC電源の供給が必要になるものは無いので、黄と白のケーブルを使うことはありません。

⑥ DINレール

02 07

KNXデバイスを取り付けるためのDINレールです。

ご注意

このKNX-DALI初心者キットには、DALIの器具は含まれておりません。

DALIの器具をお持ちで無い場合は、ご紹介させていただきますので相談ください。

KNXの設定を行うETSについて

KNXの設定にはETSという専用のソフトを利用します。

これは、KNXのデバイスが5つまでであれば無償バージョン(ETS demo)で使うことができるので、このキットのKNXデバイスの組み合わせであれば有償ライセンスは必要ありません。

まとめ

KNX-DALIに絞った初心者キットの紹介でした。

KNXの使い方について学ぶ「KNXベーシックトレーニング」ではKNX-DALIゲートウェイの内容はないので、DALIの上位としてKNXを考えている方には「KNXアドバンストレーニング」が必要になります。

なので、このKNX-DALI初心者キットには、KNXとDALIに絞って必要な機器をそろえました。

このキットの使い方については、また、記事を書いていこうとおもいます。

このKNX-DALI初心者キットについて価格のお問い合わせなどありましたら、スマートライトまでご連絡ください。

また、弊社と一緒に制御のビジネスを広げていただける方には弊社の扱うDALIやKNXデバイスを代理店価格で提供しておりますので、気軽にご相談ください。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。