KNX

GoogleHomeとホームオートメーションサーバーJigsawを連携する方法

Google Homeの音声アシスタントとホームオートメーションサーバー Jigsawを連携する方法

この記事はスマートホーム GWアドベントカレンダー 2021の6日目の記事です。

ホームオートメーションを行う中でよく言われることに、Google HomeやAmazon Alexaなどのスマートスピーカーを使って、音声で家の機器を操作したいという要望です。

Comfortclick社のホームオートメーションサーバー Jigsawでは、GooleHomeやAlexaとの連携ができます。

今回は、Google Homeとの連携方法を紹介します。

Comfortclick Jigsaw (KNXインターフェース付きサーバー) – スマートライト株式会社

動画

結果の動画を作成しましたので、どんなことができるのかは、こちらをご覧ください。

全体の流れ

Google Homeからホームオートメーションサーバーに接続する設定は次のようにすすめます。

  1. bOSでの設定
  2. Google Homeアプリの設定

bOSでの設定

04 16 01 38

まずは、DevicesにてKNXのデバイスを取り込みます。

今回は、KNXの位相制御モジュールを使い、LEDランプのOn/Offと明るさを0〜100%で調節機能の連携をします。

04 16 06 13  1

General > API > Google Smart Home

に、+Addにて、Devicesを追加、再度、Deviceを追加します。

04 16 15 59  1

Settingsの画面の中で、Device TypeからLightを選びます。

04 16 17 44

“OnOff Trait”をクリックして、Generalのところから、該当するKNXのDeviceを追加します。

04 16 19 29

同様に “Brightness Trait”も、KNXのDeviceを割り当てます。

bOS ThemesでPanelの設定

04 16 21 08  1

bOSクライアントからの操作や、Google Homeでの制御結果が確認できるようにLampというパネルを作成します。

Google Homeアプリでの操作

bOS側の設定が終わったので、次はGoogle Homeアシスタントからの設定を行います。

今回は、i-PADでGoogle Homeアプリを使いました。

IMG 0137

Google Homeアプリの画面です。左上の”+”マークを押します。

IMG 0139

家に追加の下にある”デバイスのセットアップ”をタッチ。

IMG 0140

“デバイスのセットアップ”画面になるので、”Googleと連携させる”をタッチ。

IMG 0141

Google Homeが連携できる各種デバイスが表示されます。

IMG 0142

検索フォームに、”comfortclick”と入力すると、Comfortclickのアプリがあらわれます。

IMG 0143

Comfortclickのアカウントページに移動。IDとPWを入力してログイン。

IMG 0144

登録されているJigsawが表示されるので、選択して”Grant”をタッチ。

IMG 0147

画面中央に”リンク済み”の下にLightが表示されました。このアイコンをタップします。

IMG 0148

このアプリからでも、Lightをコントロールできます。今はオフです。

IMG 0149

もう一度、タップするとオンで100%点灯しました。

まとめ

GoogleHomeやAmazonAlexaなどのスマートスピーカーは、HueやSonosなどといったIP通信の家庭用IoT機器との接続は比較的に簡単にできます。

でも、信号線で接続するタイプの機器とは、機器メーカー側はIP通信のゲートウェイを用意していないとつなぐことができません。

そこで、KNXを使えば、KNXが信号線で制御するタイプをまとめあげ、ホームオートメーション用サーバーのJigsaw bOSがGoogleHomeやAmazonAlexaなどのスマートスピーカーとアプリでつながることによって、今までよりも制御できる機器が一気に広がります。

今回はGoogleHomeとの接続例でしたが、AmazonAlexaとの連携も近いうちに紹介してみたいと思います。

ホームオートメーションについてのご質問や相談などありましたら、気軽にスマートライトの中畑まで連絡ください。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。