KNX

DIALuxの画面に照明操作のボタンを貼り付けホームオートメーションする方法

本記事は、スマートホーム GWアドベントカレンダー 2021年の7日目のエントリです。

照明設計や照度計算で器具メーカーを超えて利用できるソフトウェアとして、今ではDIALuxが一般的に利用されています。

DIALux – DIAL

私は2004年にこのソフトに出会い、自分では使い方がわからないことが多かったのでDIALux勉強会を開催して、お互いの知見を共有したりしていました。

ちなみに、当時はtakibiweb.comというサイトをやっていましたがすでに廃止。2013年頃の活動は下記のブログにちょっと残っています。

“dialux” の検索結果 – スマートライト株式会社

で、私の現在は、DALIやKNXを使ったホームオートメーションを仕事としているのですが、その操作パネルにDAILuxのデータが使えないか?と思い試してみることとしました。

↓ホームオートメーション用サーバーはこちらです。
Comfortclick Jigsaw (KNXインターフェース付きサーバー) – スマートライト株式会社

ホームオートメーションサーバーJigsawの操作画面

まずは、ホームオートメーションサーバーのJigsawの操作画面をご紹介します。(タブレットで操作)

BOS  Demo 2021 05 05 11 35 08

こんな感じに家全体のイメージの上に、照明やエアコンなどのアイコンを表示できます。

BOS  Demo 2021 05 05 11 37 25

こちらはリビングルームの画面です。先程は上から見下ろした全体でしたが、こちらは3Dのイメージに照明やブラインドなどの設備のアイコンを配置。これらをタッチすることで、各機器をタブレットから操作できます。

物件によっては、DIALuxを使って家具や壁紙まで設定し、空間の作り込みをする方もおられるので、このDIALuxの素材を利用して、ホームオートメーション用の操作パネルをつくってみたいとおもいます。

DIALuxで部屋をつくってみた

もうかなり長い間、DIALuxは触ってなかったのですが、あらためて立ち上げて部屋を作ってみました。

05 11 44 17

作ったのは、窓と机と椅子だけの簡素な部屋です。吊り下げ型の長方形の照明器具を天井からぶら下げました。

05 11 44 42

3Dの画面をスクリーンショットでjpgファイルを作成。

この素材にタブレットで操作できるボタンを仕込みます。

bOS ConfiguratorでDIALux素材の読み込み

JigsawではbOSというホームオートメーション用のアプリケーションが動いており、その設定はbOS Configuratorというソフトで行います。

05 11 48 35  1

まずは、Themesから新たにPanelを追加。名前をRoom1にしました。

05 12 04 39  1

Panel Propertiesの画面に、Background Imageという項目があります。デフォルトでは”Background.jpg”になっていますのでこれを先程のDIALuxのスクリーンショット画像に変更します。

05 12 06 21  1

クリックすると、”Select Image”のウィンドウが表示されます。ここで、Sourceをクリックして”File”にします。

05 12 07 23  1

+Loadをクリックすると、PC上のファイルを選べます。

05 12 09 17  1

まずは部屋の平面図を読み込みます。(floor01.jpg)

05 13 13 10

このようにDIALuxの画面を取り込むことができました。これに、タッチすると照明のOn/Offができるボタンをいれこみます。

ペンダントOn/Offボタンの挿入

05 13 15 40  1

Panel propertiesのGeneral>PositioningをAutomaticからFreeに変更します。

05 13 17 16  1

Devices > KNX > TEST > Light > Lamp A On/Off
をテーブルの上あたりにドラッグ&ドロップします。

05 13 18 39

Addを押します。

05 13 19 25

Lamp A On/Offのボタンを挿入されました。ちょっと文字が多いのでもっとシンプルにしましょう。

05 13 20 51  1

AppearanceにTextとあるので、そこを”ペンダント”に変更。

05 13 22 18

文字も変更になりました。

05 13 23 13

bOS Clientで確認。

05 13 24 12  1

タップして点灯すると、ボタンが黄色くなりました。

DIALux 3D画像の読み込み

今度はDIALuxの3D画像を読み込みます。

とはいっても、単なるjpegのファイルなのでやることは同じです。

05 13 28 19

Room2のPanelを挿入、先程と同様にして、DIALuxの3Dのjpegファイルを読み込みます。

05 13 29 47  1

今度は、DevicesからLamp A Brightness Valueをドラッグ&ドロップします。

05 13 31 19

名前を”調光”にしました。

こちらもbOS Clientで見てみましょう。

05 13 32 38

DIALuxの3Dイメージの上にボタンが表示されました。

05 13 33 24

ボタンをクリックすると明るさの調整ができます。

05 13 34 17

明るさによって、ボタンの黄色の濃淡がかわります。

まとめ

以上、DIALuxのイメージをJPGで取り出し、それをJigsawの設定パネル画面に取り込み、照明を制御できるボタンを埋め込む方法をご紹介しました。

DIALuxは照明だけですが、JigsawのホームオートメーションサーバーソフトbOSでは、ブラインド、換気扇、エアコンなど様々な家庭内の機器が、スマートフォンやタブレットから一括で制御できます。

今後も引き続き、ホームオートメーション用アプリケーションの使い方を紹介していきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。