スマートホーム

BOCCO emoからwebhookでイベントを取得する方法の検証2

ユカイ工学さんのファミリーロボットBOCCO emoをつい先日知り、自分のやっているスマートホームに組み合わせられそうだなのでとても期待しており、APIをいろいろいじって検証しています。

BOCCO emo側で感知したイベントを取得する方法としてWebhookを使うことができ、前回は設定ができたので、今回はクラウドで動かしているNode-REDにBOCCO emoからwebhookを使って変化を送信する方法を試します。

BOCCO emoからwebhookでイベントを取得する方法の検証1|デジタルライト(Digital-light.jp)

クラウド側Node-RED

まずはさくらVPSにNode-REDを構築します。

UntitledImage

http inノードとdebugノードを接続。

UntitledImage

メソッドはPOSTでURLはtestとしました。

BOCCO emo設定フローをクラウドNode-REDに読み込み

Webhookを利用するにあたり外部からアクセスできる場所にNode-REDが必要なので、今後はさくらVPSのNode-REDでBOCCO emoの設定Nフローもまとめておきます。

UntitledImage

webhookの新規設定

UntitledImage

いろいろいじってみたところ、webhookのURLは1つしか設定できないようで、この中にイベントを複数入れていけばやりたいことはできそう。

UntitledImage

先程のさくらVPSのNode-REDのURLを記載してwebhookを新規作成します。

Webhookのイベント種別設定

UntitledImage

Webhookのイベントはtemplateノードに必要なイベントを書き込めば複数設定できます。

UntitledImage

APIドキュメント | BOCCO emo Platform API

これ、全部登録してみます。

{   "events": [ 
"message.received",
"trigger_word.detected",
"vui_command.detected",
"recording.started",
"recording.finished",
"function_button.pressed",
"motion.finished",
"accel.detected",
"illuminance.changed",
"emo_talk.finished",
"radar.detected",
"movement_sensor.detected",
"lock_sensor.detected",
"human_sensor.detected",
"room_sensor.detected",
"bocco_button.detected"
 ] }

Templateノードにこちらを記入。

UntitledImage

Eventが16登録されました。

webhookをみてみる

IMG 5191 2

このように、BOCCO emoを持ち上げて下ろすと、

UntitledImage

いくつかのeventがwebhookで取得できます。

Debugノードをチェックすると

trigger_word.detected
motion.finished
accel.detected
accel.detected
motion.finished

このイベントでした。

まとめ

これで、BOCCO emoの状態がかわったときにwebhookで連絡をもらう方法が検証できました。

BOCCO emo側の操作には、メッセージやモーションがあるので、それらを組み合わせれば、スマートホームで使用するデバイスとの連携もとれそうな感じです。

引き続き検証していきたいと思います。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。