Node-RED

産業用ラズパイ(RevPi)に新しいディスクイメージを焼く方法

TCP接続できるDALI-EthernettゲートウェイDeeBridgeとラズパイ(RaspberryPi)を組み合わせてDALIを使った照明制御のアプリケーションを提供しています。

ただ、一般的なラズパイはSDカードの耐久性の問題などもあり、KUNBUS社の産業用ラズパイ(REVOLUTION PI)にしています。

こちらはSDカードではなくeMMCをストレージとして使っている為、新しくディスクイメージを書き換える場合はSDカードとはちょっと違います。

今回、はじめてREVOLUTION PIのディスクイメージを書き換えたので方法を記録しておきます。

全体の流れ

方法はKUNBUS社のREVOLUTION PIチュートリアルサイトに説明されています。

How to Safe and Install a new Image – Industrial Raspberry Pi

流れは

  • OSイメージをダウンロードする
  • 必要なソフトウェアを準備する(Win)
  • Win機でRPi Bootを起動、RevPiをUSB接続して電源を入れる
  • Winのディスク管理ツールでeMMC全部のイメージを削除する
  • WinMD5FreeでChecksumを確認
  • Win32 Disk Imagerでイメージを書き込み
  • USBを外し、キーボード・マウス・ディスプレイをつないで再起動
  • 別端末からSSHでRevPiに接続 ID: pi, PW: raspberry
  • MACアドレスとシリアル入力して再起動
  • RevPiに接続したキーボードからIDとPWを入力。ドイツ語キーボードなので注意(zとyが入れ替わっている)
  • sudo raspi-configでキーボードの変更
  • 再起動
  • sudo apt-get update / sudo apt-get upgrade
  • 起動時にGUIにする( sudo raspi-config 3.Boot Optionsで変更

という感じ。

当初、eMMCのディスクイメージを全部削除せず、パーティションを残しておいた為、Win32DiskImagerで書き込む際、AccessDeniedのエラーが発生し、しばらくハマってました。

↓ こちらのフォーラムで解決方法が書かれてます。

Win 32 disk imager – Raspberry Pi Forums

OSイメージをダウンロードする

まずはOSイメージ jessieをダウンロード。1.4Gぐらいあるのでかなりかかります。

Jessie – Online Shop

必要なソフトウェアを準備する(Win)

Win機でRPi Bootを起動する

RevPiとWindowsマシンをUSBで接続します。

電源はまだいれない。

WindowsのRPiBoot.exeを実行

RevPiの電源を入れる。

これで、RevPiが外部ストレージと認識できるようになります。

Winのディスク管理ツールでeMMC全部のイメージを削除する

Windowsのディスク管理ツールで見ると、RevPiがいくつかのパーティションに分かれているので、該当する部分のイメージを削除します。

どれか残っていると、この後のディスクイメージ書き込みの際に、Access Deniedのエラーが発生します。

WinMD5FreeでChecksumを確認

WinMD5Freeをたちあげる

書き込むディスクイメージを読み込み、チェックサムを表示する。

ディスクイメージを解凍した際にあった、mdd5というファイルをエディタで開き、その中のchecksumをコピー。WinMD5FreeのOriginalの部分に貼り付け、Verifyを押す。

問題なければ、”Matching”と出るので、WinMD5Freeを終了させる。

Win32 Disk Imagerでイメージを書き込み

Win32 Disk Imageを使って、RevPiにディスクイメージを書き込みます。

USBを外し、キーボード・マウス・ディスプレイをつないで再起動

起動すると、途中で進まなくなりました。

いくら待っても進まないので、別のPCからSSHで接続することに。

別端末からSSHでRevPiに接続 ID: pi, PW: raspberry

$ ssh pi@IPアドレス

PW: raspberry

で無事に接続。

MACアドレスとシリアル入力して再起動

001

すると、シリアル番号の入力を求められます。

How to Safe and Install a new Image  Industrial Raspberry Pi 2020 01 05 19 50 57

シリアルとMACアドレスは本体に書いてあります。

002

MACアドレスも入力すると、RevPi本体に貼ってあるシールと同じ内容で、RevPiのホスト名とパスワードが設定されました。

これ、OSイメージを再インストールしても、シリアルとMACアドレス入れれば、初期のホスト名とパスワードは変更にならないんですね。

そして、再起動を求められるのですが、この時点で、SSHが使えなくなります。

RevPiに接続したキーボードからIDとPWを入力。ドイツ語キーボードなので注意(zとyが入れ替わっている)

ここで、RevPiに接続したキーボードからIDとPWを入力してログインするのですが、RevPiはデフォルトでドイツ語キーボードの設定になっているので、パスワードが何回やっても拒否される場合は、ドイツ語キーボードになっていることが原因です。

ドイツ語

上記リンクのページを見て、ドイツ語キーボードレイアウトから、正しいパスワードを入力してください。

sudo raspi-configでキーボードの変更とSSHを有効にする

うまくログインできたら、まずはキーボードの設定を変更します。

↓ こちらの記事を参考に
Raspberry Pi の 初期設定(Keyboard、Wi-Fi、SSH) – Qiita

$ sudo raspi-config

から

4 Localisation Options == I3 Change Keyboard Layout

Keyboard Model : Generic 105-Key (Intl) PC
Keyboard layout : Other : Japanese
Key to function as AltGr : The default for keyboard layout
Compose key : No compose key

これでキーボードレイアウトはOK.

次はSSHを有効にします。

$ sudo raspi-config

5 Interfacing Options – P2 SSH Enableへ変更

これで、別端末からSSH接続が可能になります。

  • sudo apt-get update / sudo apt-get upgrade
  • $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get upgrade
    

    これでパッケージを最新に更新

    かなり時間がかかります。

    起動時にGUIにする( sudo raspi-config 3.Boot Optionsで変更

    defaultではコマンドラインによる操作になるので、起動したらGUIで操作できるようにします。

    $ sudo raspi-config
    

    で、コンフィグメニューを開き

    3.Boot Optionsから、

    01. Desktop / Cli

    B3 Desktop Desktop GUI, requiring user to login

    これで、起動するとGUIの画面になる。

    産業用ラズパイ RevPi Core3 :セットアップ – Qiita

    その他

    その後、

    Node-REDとNode.jsの最新版のインストール

    Raspberry Piで実行する : Node-RED日本ユーザ会

    $ bash <(curl -sL https://raw.githubusercontent.com/node-red/linux-installers/master/deb/update-nodejs-and-nodered)
    

    mysqlのインストール

    LAMPのインストール・Raspberry Pi3 + Raspbian Stretch

    $ sudo apt-get -y install mysql-server
    $ sudo systemctl start mariadb.service
    ↑ これはうまくいかなかったので
    $ sudo systemctl start mysql.service
    
    $ sudo /usr/bin/mysql_secure_installation
    

    mysqlにログインしてみる

    $ mysql -u root -p
    

    これだとエラーがでるので

    $ sudo mysql -u root -p
    

    これでmysqlにログインできた。

    ABOUT ME
    中畑 隆拓
    スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。