enebular

obnizのジョグダイヤルの操作をenebularで動くNode-REDダッシュボードに表示させる方法

この記事はobniz Advent Calendar 2020の12日目の記事です。

個人的に設備とIoT機器のゲートウェイとして無限の可能性を感じているobniz(オブナイズ)とIoTのクラウド環境としてのenebular(エネブラー)をどうやって自分のビジネスにつなげるかを考えています。

今回、クラウド上で動くenebularのNode-REDとobnizをつなげる実験を行いましたので、こちらにメモとして残します。

今回やったこと

事務所にあるobnizについて、ジョグダイヤルを押す(Push)、左に回す(Left)、右に回す(Right)の状態を、クラウドにあるenebularのNode-REDに送り、事務所にあるスマートフォンでenebularのNode-RED Dashboarの画面で、obnizの操作の状況を確認するというものです。

enebularのフロー

12 12

“obniz repeat”ノードを、Node-RED Dashboardのtextノードにつなぐだけです。

でも、これだとちょっと味気ないので、obnizのディプレイにもジョグダイヤルの状態を表示するようにしましょう。

12 12

これでOKです。

obniz repeatノード

12 12

初期化処理で、画面をクリアします。

12 12

10msごとにobnizのstateを “obniz.switch.getWait()”で取得して、stateが”none”じゃなかったときは、msg.payloadにstateの状態を格納し次のフローに送るようにしました。

obniz functionノード

12 12

obniz.display.cloear()で画面をクリアした後、obniz.display.print(state)にて、先程のジョグダイヤルの状態を表示します。

Node-REDダッシュボード textノード

12 12

こちらは、msg.payloadに格納されたobnizジョグダイヤルの状態を、Node-RED Dashboardのtextノードに表示させるだけです。

結果

Obniz enebular

こちらが結果です。

実験の為、obnizとスマホは同じネットワークにつながっていますが、

obniz → enebular → スマホというように、一度、クラウドを経由しているので、obnizとスマホが別のところにあっても動作します。

なので、設備制御の中で遠隔地の状況確認や操作をするときに、このobnizとenebularの組み合わせが使える可能性があるので、引き続き、ビジネスにできる方法を探していきたいとおもいます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です