DALI

DALIコンフィグレーションは別と割り切ったLunatone KNX-DALI2 Gatewayの使い心地

lunatone KNX-DALI2 Gateway

DALIで多くの機器を持っているLunatoneのKNX-DALIゲートウェイがあったので、購入して検証してみることにしました。

Lunatone KNX DALI-2 Gateway

Lunatone

こちらがKNX DALI-2 Gateway。他のメーカーのKNX-DALI2ゲートウェイと比べて大きさが小さいのは、DALI BUS電源は内蔵されていないため。

なので、別途DALI BUS電源を用意する必要があります。

DALI BUS電源を内蔵していないのは使いにくい反面、100Vの現場でも別途DALI BUS電源を用意すれば安心して使えるメリットがあります。

KNX DALI-2ゲートウェイは、DALI-2およびKNX認証を取得しています。これはDALIマルチマスターに対応しており、KNXからDALIへ、またその逆も双方向でコマンドを送信することができます。

DALIシステムと個々のDALIデバイスは、DALI Cockpit PCソフトウェアを使用して設定することができます。

KNX ETSソフトウェア内のゲートウェイの製品データベースを介して、DALIデバイスをそれぞれのデータポイントと照合し、KNXコンポーネントにリンクすることができます。

すべてのDALIデバイスタイプ(DT6、DT8-CW-WW、RGB、RGBW、RGBWAF、X-Y)をサポートしています。

上記はメーカーの説明。

ポイントとしては、

1. DALIマルチマスター

一般的にKNX-DALI2ゲートウェイを使う場合は、DALIのコマンドはKNX-DALI2ゲートウェイからしか送ることができませんが、DALIマルチマスターに対応している場合は、DALIラインに別のDALIスイッチ(DALIマスター)やDALIセンサーからおくられるDALIコマンドをKNX-DALI2ゲートウェイで受け取り、照明器具のStatusの変更をキャッチすることができるはずです。

この点については後日検証します。

2・すべてのDALIデバイスタイプをサポート

このKNX-DALI2ゲートウェイはTYPE6だけでなく、TYPE8の調色タイプやRGBWまで対応しています。

最近少しづつTYPE8の調色に対応した製品も増えてきましたが、TYPE8のフルカラーに対応したKNX-DALIゲートウェイはまだ少ないです。

ETSのプロダクトファイル

ETSのカタログでは、まだプロダクトファイルがアップされていないので、Lunatoneの製品ページからテストプロジェクトファイルをダウンロードします。

KNX DALI-2 Gateway – Lunatone

ETSでLunatone KNX DALI-2 Gatewayをチェック

1001

ETSのDevices画面です。

Group Objectは何も表示されていません。

002

Parametersのタブをチェックしたところ。

DALIのコンフィグレーションには、別途DALI Cocpitというソフトが必要だそうです。これ、KNX-DALI2ゲートウェイがあればできるのかとおもったのですが、別途、DALI-USBが必要なようです。

あらためて、KNX-DALI2ゲートウェイの取説を読んで見ることにします。

Lunatone KNX-DALI2 Gatewayの取説(Datasheet)

Lunatone KNX-DALI2 Gatewayの取説は下記よりダウンロードできます。(英語です)

KNX-DALI Gateway

12 12

概要が表示されていますが、日本語に訳してみましょう。

  • ダリのマルチマスターが可能
  • 最大63台のアドレス指定可能なDALIデバイス
  • 柔軟なDALIアドレスの割り当て(全体、個別、グループ)
  • KNXカラーコントロールRGB、RGBW、HSV、XY(DT8)
  • 色温度制御(調色)
  • 各種デバイスの光制御(DT0、DT2、DT3、DT4、DT6)
  • DALIシーンの呼び出し(0…15)
  • KNXオブジェクトとして、相対値と絶対値での制御
  • 標準的なKNXオブジェクトによるカラーコントロールとパーセンテージ値による制御
  • KNXのStatus Object機能
  • 照明器具の故障検出
  • ルナトーンモードColor&Dimのサポート。バランス&ディム、ディム2ウォーム(Lunatone機器用?)
  • DT6による代替色制御(RGB,RGBW, Tc)
  • システム設定のための照明器具テスト
  • ETS 5用の製品データベース
  • Lunatone DALIを介した簡単な設定。USBインターフェースと無料のDALI-Cockpitソフトウェアツール
  • DALI-2およびKNX認定

いろいろ便利な機能もありますが、やはり、KNX-DALI2 Gateway自体にはコンフィグレーションの機能はないようです。なので、別途、DALIコンフィグレーターが必要になります。

上記では、LunatoneのDALI設定ソフト、DALI Cockpitが書かれていますが、他社のコンフィグレーター、例えば、Tridonic DALI/USBでコンフィグレーションをするのと、なにか違いはあるのでしょうか?

これは、Lunatone社に確認してみます。

あらためてETSでLunatone KNX-DALI2 Gatewayをチェック

001

Parametersには最初、”General”と”Gate”のタブがあり、”Gate”は1〜63まであります。

Gate1をクリックしたのが上の画像です。すでに設定した”Gate”があればその設定を”Copy config”で反映させることができます。

また、lamp Failureはここで設定します。

Lamp Failure

002  1

Lamp Failureについては、Disable(使わない)、Periodic(定期的)、On switch on(スイッチ・オン時)の3種類があります。

003

Periodicを選んだ場合、Failureのときの値を0とするか1とするか選べます。

005

これで、Lamp Failureを1bitで送るGroup Objectが選択できるようになります。

ただし、G1と表示されていますが、あくまでも”Gate1″ということなので、これがDALIで言うグループなのか、個別アドレスなのかはこの後に設定します。

Mode

006

Gate 1のModeにて、”Function Selection”となり、”Switch & Dim Gate”、”Simplicity Color Gate”、”Standard Color Gate”、”Scene Gate”とこのゲートを4つのうちのどの機能にするかを選べます。

それぞれチェックしてみましょう。

■ Switch & Dim Gate

007

“Addressing Mode”では、このGateがBroadcast(全体)、Group Address(グループ)、Short Address(個別)なのかを選ぶことができ、その下の”DALI Address”にて、グループや個別アドレスを指定できます。

また、KNXのオブジェクトとしてSwitch-On/offが来たときの挙動もここで設定できるのと、”Dimming value calculation type”にて調光カーブをLinearにするかLogarithmicにするか選べます。

ただし、調光カーブはたまに電源側でLogarithmicしか対応していないDALI電源があるので、注意しましょう。

■ Simplicity Color Gate

007  1

“Color Control Type”は、Tunable White、RGB、Dim2Warmが選べます。

008

選んだ内容によって、”Color Calculation Table”の選択ができます。

009

また、この中のCustom Tableは、Genralタブのなかにあります。

010

“DALI Parameter”にて、DT8(Device Type8)やDT6(Device Type6)を設定します。DT8,DT6のどちらでも対応できるところが、使用するDALI照明器具をなんでもうけられていいですよね。

■ Standard Color Gate

011

こちらがStandard Color GateのModeを選んだ時です。

012

選んだColor Control Typeによって、DALI Paramterが変わってきます。

Group Objectsを確認

Switch & Dim GateのGroup Objects

ModeをSwitch & Dim Gateにして、Addressing ModeをGroupにしたときのGroup Objectsを確認します。

013

このように、SwitchやBrightnessのStatusがあるので、DALIの照明器具の状態がかわったときは、Statusを受けることがでKNX側で管理ができそうです。

Simplicity Color GateのGroup Objects

014

Simplicity Color Gateで、Tunable White、DT8にしたときのGroup Objectsです。

Statusには、Switch、Brightnessに加え、Tunable White(TC)が1byteのデータで使えます。

015

TC(色温度)とのデータテーブルは、Default Tablesで確認できます。

まとめ

以上、Lunatone KNX-DALI2 GatewayについてETSの画面から、使い方を検証してみました。

コンフィグレーターは別ソフトとなるので、全体的な設定はちょっと手間がかかりそうとは思ったのですが、DALIのType6やType8の各種類のも細かく設定できるのと、事前にDALIとKNXのつなぎこみをどうやるか考えておけば、KNX側はあらかじめGroup Objectsが表示されるのでETSの設定が先にできます。

現場ではDALI/USBを使って計画どおりにDALIコンフィグレーションを行えばよいので、実はこれ、すごく使いやすいんじゃないかなとおもいました。

また、先日購入したKNXタブレット系との接続も試してみたいので、引き続きLunatone KNX-DALI2 Gatewayについて検証していきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。