DALI

Interra KNX-DALI ゲートウェイの使い方

InterraのKNX-DALIゲートウェイを検証中です。

他のKNX機器と合わせて在庫で取りましたので、ご興味ある方はご連絡ください。

KNX-DALI GatewayのFirmWareアップデート方法

1.1.8まではUSB接続してFWのアップデートを行いますが、それ以降はKNX-DALIゲートウェイをLANケーブルで接続しブラウザーからFWのアップデートを行うことができます。

ただしそれには条件があり、ETSでDALI Gateway Deviceのコンフィグレーションで、”Enable user authentifacion”をYesにして、User nameとPWを設定しデバイスにダウンロードしておく必要があります。

■方法

001

ETSのDevicesから、DALI Gatewayを選択、parameterタブを開く。

IP Configurationに”Enable user authentication”があるので設定。

同時に、LNAで接続する場合の、IP addressや環境についての入力をしておく。

Fulldownloadで、デバイスに情報を書き込む。

General

DALI GatewayはDALIが1chと2chの2タイプあります。

1chが64台までのDALIネットワークが1つ使えるもの。2chが2つのDALIネットワークが使えるもので、最大128台のDALI機器が使えます。

KNXのプロダクトファイルは両方共通なので、この画面から

Device type SingleChannel(DALI 1ch用)とTWIN channel(DALI 2ch用)を選択します。

DALI Configutarion

003

ここでは、DALIのグループを使用するか?1台づつの個別アドレスを使用するか?シーンを使用するか?といった設定を行います。

ここでの設定に応じて、KNXのGroup Objectが変わってきます。

なので、DALIのシーンのグループオブジェクトが見つからない!なんてときは、ここの設定をチェックしてみてください。

Comissioning

004

DALIのアドレスやグループの設定はこちらでおこないます。

既にDALIアドレスが振られているものを取得するには”Search DALI Addressing”、新しく振る場合は”New DALI Addressing”になります。

別のメーカーのKNX-DALI Gatewayを使ったときは、既存のDALIアドレスの取得ができなかったのですが、InterraのKNX-DALIゲートウェイでできるかどうかは今度試してみます。

TridonicのDALI/USBでDALIの設定を別でして、その設定をKNX-DALIゲートウェイから読み込めればとても楽なのですが、果たしてそれができるかどうか。

ちなみに、DeviceTypeも表示されてます。現在はTYPE8の調色にも対応していて、近いうちにTYPE8のRGBも使えるとのことです。

これは楽しみですね。

Output

005

Outputには、dimmingカーブをlogarithmic(指数関数的)にするかlinear(直線的)にするかをえらんだり、スイッチ・オンしたときの明るさや、Dimming Time(フェードタイム)、statusのフィードバックをおくるといったことが設定できます。

Ballats

006

先ほどのDALI Configurationで、Indivisual Ballastsを選ぶと表示されます。ここでチェックしないと、Group Objectsに表示されません。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。