KNX

The operation could not be executed, because this coupler needs a main line with the medium type ‘TP’

KNX講師として初めてのKNXベーシックトレーニング開催に向けて準備中、KNX Line Coupler(ラインカプラー)をETSで使おうとしたところ、このようなエラーが発生しました。

The operation could not be executed, because this coupler needs a main line with the medium type ‘TP’ .

1 001

状況としては、「カタログ」からデバイスを選び、「デバイス」の画面に追加しようとしたところです。

「トポロジー」でMain Line MediumがIPになってた

27 17 14 01  1

原因はトポロジー」でMain Line MediumがIPになってたことでした。

IPからTPに変更して解決

27 17 15 31  1

Main Line MediumをTP(ツイストペア)に変更

27 17 16 40  1

「カタログ」からKNX Line Couplerを選択しAddすることで、無事にLine Couplerをデバイスに追加することができました。

IPかTPか、それ以外かをチェック

KNXのネットワークを作る場合、一般的にはTP(ツイストペア)の赤黒ケーブルを利用することが多いですが、KNX IP Routerを使うと、KNXのライン間をIPネットワークで接続することができます。

使用する機器によっては、この状態をチェックしてデバイスインストール時にチェックしているものがあるので、このタイプのエラーが発生したら、トポロジーからネットワークの方式(Medium)を確認するようにしましょう。

まとめ

ということで、今後もエラーを解決したら、こんな感じで解決方法を記録していきます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。