DMX

Node-REDからRS232Cでコマンドを送りカラーキネティクスiPlayer3を制御

11 08

常設物件のDMX演出にカラーキネティクス(PHILIPS)のiPlayer3はスケジュール設定やプログラム作成、運用なども含めてとても信頼性の高いDMXコントローラーです。

11 08

プロジェクトで導入した場合、DMXシーンの呼び出しには、RS-232Cで接続するiPlayer3専用のController Keypadを使用しますが、このキーパッドではシーンが8つしか呼び出すことができず、それ以上のシーンを呼び出すにはiPlayer3本体を操作するか、別の方法を考える必要があります。

そこで、今回はNode-REDからRS-232Cでコマンドを送り、iPlayer3で任意のDMXシーンを呼び出す方法を検討します。

これができれば、Node-RED Dashboardを使ってスマホやPCでDMXシーンを呼び出すUIを作り現場の方が数多くのDMXシーンを自由に呼び出すことができるメリットがあります。

それ以外にも、監視カメラの映像をAIで推論して、ある条件が満たされたら特定のDMXシーンが呼び出すなんてことも、Node-REDを咬ませればできるので、可能性は広がります。

Controller Keypadの仕様を確認する

まずは、Controller Keypadの仕様を確認してみます。カラーキネティクスジャパンのサイトに資料が公開されているので、こちらをチェックしましょう。

Controller Keypad (iPlayer 3専用)│カラーキネティクス・ジャパン 株式会社

11 08

Keypadには6mの9Pシリアルケーブルが同梱されていますが、使っているのは5V DCの電源、Tx,Rx,そしてGndの4本のようです。

1. Gnd(黒)
2. +5VDC(赤)
3. Tx(白)
4. Rx(緑)

TxとRxとGndのこの3本をつかって呼び出すDMXシーンのデータを送ることができれば、やりたいことはできそうな感じです。

RS-232Cの仕様

RS-232Cについては子供のときに使っていたNEC PC-6001に使われていた記憶がありますが、この歳になるまで、意識して使うことはありませんでした。

なので、こちらのサイトにて勉強。

シリアル通信の基礎知識 - シリアル通信とは?RS-232C / RS-422 / RS-485の違いはなんだろう? -  | コンテック

みると

Rx : Receive Data 受信データ
Tx : Transmit Data 送信データ

とのことで、ここらへんでデータを送受信している様子。

ラズパイのGPIOからシリアル通信できる?

こちらの記事を発見。

【ラズパイ】pySerial を用いたシリアル通信(GPIO編) – 7839

PCのUSBに取り付けられる「SH-U09C5 USB to TTL UARTコンバーター」というものが紹介されていたので、こちらを注文。

USB to RS232アダプタ USBシリアルケーブル

Node-REDを入れたラズパイからUSB to RS-232C変換ケーブルを使い制御できるかと思い、こちらの製品を購入しました。

しかし、Keypadのところで5V dcの電源共有があるのがわかったので、とりあえずこのケーブルは使わないですすめたいとおもいます。

まとめ

ざっくりと、kyepadの仕様とRS-232Cを使うにあたって必要なものを調べ発注しました。

ものが届いたら引き続き検証します。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。