KNX

Intesis Daikin VRV and Sky systems to KNX Interface管理サーバーを使って操作する方法

Intesisの「Daikin VRV and Sky systems to KNX Interface」とKNXの管理サーバーを使って操作する方法を確認します。

Daikin VRV and Sky systems to KNX Interface

KNX側ETSの設定

2021 10 13 08 50 03

ETSのグループアドレスはこのように設定しました。

bOS ConfiguratorでETSのプロジェクトをインポート

ETSの設定をbOS Configuratorでインポートします。
(Modbusと同じbOSプロジェクトです)

2021 10 13 09 00 54

このように表示されるので、修正していきます。

2021 10 13 09 03 33

以前の記事、intesisBox DK-AC-MBS-1 Modbusインターフェースをつかった管理サーバー接続方法を見ながらTYPEは近いものを選びます。

2021 10 13 09 05 18

4つのデバイスが読み込まれました。

2021 10 13 09 08 14

Templateを選択します。こちらもModbusの記事を参照して同じものを選びます。

2021 10 13 09 09 29

Devicesに表示されました。

読み込んだKNX Deviceの設定

bOSのDeviceにはKNXのStatusのグループアドレスの紐付けができます。

2021 10 13 09 13 12  1

KNX DeviceのSettingからStatusのグループアドレスを入力します。

パネルの作成

2021 10 13 09 26 25

操作パネルは、KNX-ACとModbus-ACの2種類を作成。Modubusの方はサンプルライブラリーにあったものを使用します。

2021 10 13 09 27 31

Deviceのオブジェクトを移動するだけだと、On/Offは効きますが、それ以外のControlMode、Fan Speed,Setpoint Tempratureが操作できません。

パネル AC動作Modeの設定

2021 10 13 09 28 38 2021 10 13 09 29 17

KNX側のControlModeのプロパティです。

2021 10 13 09 29 53  1

ModbusのModeのプロパティを確認します。

2021 10 13 09 30 39 2021 10 13 09 31 01

これがプロパティ。

Status Valuesが(コレクション)となっているのでクリックします。

2021 10 13 09 35 43

KNX側もこのように設定します。

2021 10 13 09 45 40

すべて編集すると、このようにACのModeを選択できるようになります。

Temperature Setpointの設定

2021 10 13 09 47 21  1

設定温度のパネルの設定をします。まずは、Modbus側のプロパティをチェック。

2021 10 13 09 48 21 2021 10 13 09 48 41

KNX側のプロパティを修正していきます。

2021 10 13 09 51 13  1

Value > Templateで、”Temperature Setpoint”があるので、これを選択します。

2021 10 13 09 59 35 2021 10 13 10 01 08

これで温度設定の操作ができます。

2021 10 13 15 38 39  1

また、温度の上限・下限の設定をするには、DeviceのValueで右クリックすると表示される”unit”をクリックするとこの設定ができます。

これで、KNX側のRoom1 Setpoint Temperatureができました。

Room1 Fan Speed

2021 10 13 10 16 14

同様にRoo1 Fan Speedも設定します。

KNX側AC操作パネル

2021 10 13 10 18 29

操作パネルの”Room1″が表示されるのは冗長になるので削除。最終的にはこのようになりました。

まとめ

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です