KNX

bOS Configuratorの使い方その2(CO2濃度、温湿度情報の表示)

以前使用したElsner社のCO2センサーのデータを、bOSで表示する方法です。

CO2センサー内蔵KNXタッチパネル ドイツElsner社Cala Touch KNX AQS/THの検証

ETS側

2021 10 16 14 47 09

ETSのGroupAddressには、CO2、Temperature、Humidityの3つのセンサーデータを出力します。

2021 10 16 14 54 19

ETSのDiagnosticsにはこのように表示されます。

bOS Configuratorでインポート

2021 10 16 14 52 57

新しく追加されたGroupAddressのみを追加します。

2021 10 16 14 56 52

Templateもこのように設定。

2021 10 16 14 58 11  1

CO2センサーのValuesタブで確認すると、ちゃんと反映されているようです。

Theme Panelにドラッグ&ドロップ

2021 10 16 14 59 54  1

DeviceのObjectをパネルにドラッグ&ドロップします。

bOS Clientで確認

2021 10 16 15 02 00

bOS Clientで確認すると、ちゃんとセンサーデータは反映されています。

まとめ

以上、CO2、温度、湿度センサーデータをbOS Configuratorをつかって、操作パネルに表示する方法をご紹介しました。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。IoTソリューションの開発、スマートホーム&オフィスのコンサルティング、DALI,KNX,EnOceanなどのインテグレーションを行っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です