Jetson

2020年9月版Jetson nanoのセットアップ  前編

2019年4月にJetson nanoが発売になってから1年以上が経ちました。

その間に、Jetson nano開発者キットもB01というバージョンになり、いろんなものがかわったようなので、あらためてセットアップ方法とJetPackの内容を検証してみたいと思います。

第1回ゼロから始めるJetson : nanoセットアップからUbuntのGUIウィンドウまで|デジタルライト(Digital-light.jp)

Jetson nanoを使うのに必要な機器

Jetson nano開発者キットはボードだけなので、実際に使う場合にはディスプレイ、HDMIケーブル、マウス、キーボード、電源が必要になります。

多くの方が家にあるもので利用できるとは思いますが、一覧として書いておきます。

Jetson nano開発者キット本体

Jetson nano開発者キット本体です。2020年9月13日現在、B01というバージョンが最新になります。

NVIDIA Jetson Nano 開発者キット B01 | 菱洋エレクトロ株式会社 – NVIDIA製品情報

キーボード、マウス

一般的なUSBで接続できるキーボードとマウスが利用できますので、まずはご自身がもっているキーボードやマウスを試してみましょう。

↑値段もお手頃でひとつのUSBドングルでキーボードとマウスが使えるのでおすすめです。

外出先で一時的にキーボードとマウスが必要なときに便利な小型タイプです。

マイクロSDカード

マイクロSDカードについては、32G以上のものがおすすめです。将来的にもっと容量が必要になる場合もあるので、その場合にはあらためて必要なSDカードを検討するとよいでしょう。

また、自分のPCにSDカードスロットがついていない場合は、

このようなカードリーダーライターが必要です。

電源アダプター

電源アダプターには、マイクロUSB端子とDCプラグ端子でつなぐものが使えます。標準はマイクロUSB端子ですが、ジャンパを使うことでDCプラグのものが使えます。

将来的に、電力量を消費するプログラムを走らせるためには、DCプラグタイプで4Aのものが必要になることがあります。

スイッチングACアダプター(USB ACアダプター) MicroBオス 5V3A: 電源一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

スイッチングACアダプター 5V4A AD-A50P400: 電源一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

ジャンパは、ヨドバシで買うのが値段も送料もおすすめです。

ヨドバシ.com – サンワサプライ SANWA SUPPLY TK-JMP1 [ジャンパピン] 通販【全品無料配達】

HDMIケーブルとHDMIモニター

Jetson nanoにはモニター出力用として、HDMIとDISPLAY PORTがついています。

初心者には、値段が安くて機器も調達しやすい、HDMIで接続することをおすすめします。

まずは家にHDMIで接続できるモニターがあるかどうかを確認して、それでつないでみましょう。

新たに購入する場合は、安いものはこのぐらいでありますが、せっかくモニターを買うのであれば、画面の高さが調節できるかやデザインなど、お近くの店舗にいって検討することをおすすめします。

また、商品によっては、Jetson nanoと接続するケーブルが付属品としてついているものと、別途購入しなければならないものがあるのでご注意ください。

ケーブルが別途必要な場合は、アマゾンが便利です。

以上、上記の機器が用意できたら、Jetson nanoを動かすためのイメージをダウンロードします。

JetPackのダウンロード

09 12

JetPack SDK | NVIDIA Developer

こちらのサイトから、JETSON NANO DEVELOPER KITのSD Card Imageをダウンロードします。

SD Cardフォーマッター

09 12

SDカードにイメージを書き込む前に、フォーマットをしておく必要があります。

下記のURLからソフトをダウンロードしてインストールしておきましょう。

SDメモリカードフォーマッター – SD Association

09 12

SDカードを接続してソフトを起動。「フォーマット」ボタンを押します。

09 12

このメッセージが出ればフォーマット終了です。

Etcherのダウンロード

09 12
JetPackのイメージの書き込みにはEtcherというソフトを使います。

こちらのサイトからダウンロードしてください。

balenaEtcher – Flash OS images to SD cards & USB drives

Etcherからイメージを書き込む

09 12

Etcherを立ち上げて先程ダウンロードしたJetPackイメージのzipファイルを選択します。

09 12

Flash!で書き込みスタート。

09 12

書き込みにはかなり時間がかかります。他のことして待ちましょう。

09 12

これで終了です。

まとめ

JetPackのイメージダウンロードから書き込みまでは、以前(2019年5月頃)と変わっていませんでした。

次回はJetson nanoを立ち上げてみます。

ABOUT ME
中畑 隆拓
スマートライト㈱ 代表取締役。DALIやKNX導入のコンサルティング・コンフィグレーション・機器の販売、AI-IoTを組み合わせたシステムの提案を行っています。